お取り寄せ通販専門店
ふるさと産直村®

ご当地グルメを産地直送でお届けするお取り寄せ通販サイト

下関風もつ鍋の解凍方法とお召し上がり方

もつ鍋

下関風もつ鍋の美味しいお召し上がり方です。お急ぎの場合は、冷凍のままお鍋に入れて調理できますが、事前に解凍し、軽く湯通しすることで美味しさに差がでます。是非お試しください。付属のタレは、お野菜の量やお好みで分量を調節されてください。〆のちゃんぽんを作る際に足されてもよいでしょう。

[準備時間:約 調理時間:約 合計:約

~ 調理手順 ~

  1. 解凍方法
  2. ホルモンを湯通しします
  3. 野菜などの具材を準備します
  4. 鍋にホルモンとタレを入れて火にかけます
  5. 野菜を入れて煮込みます
  6. 下関風もつ鍋の出来上がり

材料(約3~4人分


具材

  • ホルモン    400g
  • 特製ダレ    2パック
  • キャベツ    1/2玉
  • もやし     1袋
  • 長ネギ     1本
  • ニラ      1束

お好みで追加

  • 薄切牛肉    200g

シメのちゃんぽん

  • ちゃんぽん麺  2袋

※材料はあくまで一例です。お好みに応じて調整してください。[約1772 kcal

解凍方法

もつ鍋セットを冷蔵庫に移します

冷蔵庫

冷凍庫より冷蔵庫に移し、約半日で解凍します。お急ぎの場合は、冷凍のままでの使用も可能です。
内容量は2パックとなっておりますので、小分けして冷凍保存も可能です。(特製タレは冷蔵保存してください。)

解凍時の注意点

解凍

※解凍時間は温度差により多少異なります。
※解凍後は、冷蔵保存で2日以内、常温におかれた場合は、当日中にお召し上がり下さい。
※未開封のタレは、冷蔵保存で1年以内にご使用ください。

ホルモンを湯通しします

そのままの状態で直接ご利用できますが、下茹ですることで余分な脂や、ホルモン独特の臭いやアクを取り除くことができます。

湯通し

沸騰したお湯にホルモンを入れ、サッと約30秒湯通しします。
または簡単に、ザルにホルモンを入れた状態で熱湯を注ぎ流すくらいでも十分です。

ザルにあげる

ザルにあげます。
この一手間で、最後まで味が変わらない美味しいもつ鍋をお楽しみいただけます。

野菜などの具材を準備します

材料の下ごしらえをします。お好みのお野菜を準備します。
キャベツ・もやし・長ネギ・ニラが良く合います。

キャベツを切ります

芯を取る

キャベツの芯を取ります。

ざく切り

食べやすい大きさにザク切りにします。

ニラを切ります

根元を切り落とす

ニラは水洗いし、根元の硬い部分を切り落とします。

ざく切り

食べやすい長さ3~4cmにザク切りにします。

もやしの根を取ります

水洗い

もやしを軽く水洗いし、種の殻を取り除きます。

ザルにあげる

ザルにあげます。

長ネギを切ります

根を切り落とす

長ネギはよく洗い、根の部分を切り落とします。

ネギをカット

柔らかく甘みのある白い部分を使います。葱の旨味をしっかりと味わえるよう、大きくカットします。
青い部分は固くヌメリもありますが香りや栄養価が高く、食べられます。お好みで青い部分も使ってよいでしょう。
ネギの余りは冷凍で1ヶ月ほど保存できます。

鍋にホルモンとタレを入れて火にかけます

タレは甘味噌をベースにした、甘辛い濃い味付けになっています。
各ご家庭のお好みに合わせ、甘みを足すなら砂糖、辛めにする場合は唐辛子・鷹の爪で調節してください。

モツとタレを入れる

熱した鍋にホルモン400gと、付属のタレを三分の二ほど入れます。シメでうどん・ちゃんぽん麺を入れ召し上がる際に、味を調整するため、タレを少し残しておくと良いです。

野菜を入れて煮込みます

お好みの野菜をたっぷり入れ、強火で加熱します。
※タレが少ないと思われがちですが、野菜から水分が出ますのでちょうど良くなります。

キャベツを入れる

キャベツをたっぷり入れます。

もやしとニラを入れる

もやしとニラを入れます。

煮込む

グツグツ煮込みながら、野菜が柔らかくなるまで、少しずつ混ぜて全体に味をよく絡めてください。

牛肉を足す

薄切りの牛肉を足しても美味しくお召し上がりいただけます。

下関風もつ鍋の出来上がり

取り分けてお召し上がりください

出来上がり

野菜がしんなりしたらホルモンも中まで火がとおりますので、中火にします。強火のままにしておきますと、タレの蒸発が早くなり、ホルモンも小さく固くなってしまうのでご注意ください。
ホルモンを加熱する目安は、7~10分煮込んでプルッとなったくらいが食べ頃でしょう。

締めにちゃんぽん麺をお召し上がりください

残りダレ

美味しく召し上がった後の残りダレです。(ホルモンや野菜が残っていても構いません)

タレを追加

量が少なかったり、薄味になった場合は、とっておいたタレを追加してください。

うどん玉を入れる

うどん玉やちゃんぽん麺を入れます。

麺にタレを絡める

焦げないようにしっかりと混ぜてください。
麺にタレが絡んだら出来上がりです。

2016-12-09作成/2016-12-12更新]

もつ鍋通販