お取り寄せ通販専門店
ふるさと産直村®

ご当地グルメを産地直送でお届けするお取り寄せ通販サイト

焼きふぐの作り方

焼きふぐレシピ

焼きふぐの美味しいお召し上がり方です。焼くと余分な水分が出て、旨味が濃縮され、ふっくらプリプリの身が楽しめます。塩焼きだけでなく、相性の良いタレに漬け込んで焼くのもおすすめです。

[準備時間:約 調理時間:約 合計:約

~ 調理手順 ~

  1. 事前にふぐを解凍しておきます
  2. ふぐを塩で焼きます(基本)
  3. ふぐを浸けタレで焼きます(味のバリエーション)
  4. すだちを添えて出来上がり

材料(約3~4人分


具材

  • ふぐむき身   400g
  • 酒       大さじ1
  • 塩       適量

漬けダレ(ニンニク塩タレ)

  • ニンニク    1カケ
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 酒       大さじ1
  • 塩       小さじ1
  • 鷹の爪     1本

漬けダレ(梅肉タレ)

  • 梅肉      大1粒
  • 醤油      小さじ1
  • 酒       小さじ1
  • みりん     小さじ1
  • 砂糖      小さじ1

※材料はあくまで一例です。お好みに応じて調整してください。[約360 kcal

事前にふぐを解凍しておきます

冷凍庫より冷蔵庫に移し、約12時間前後で解凍します。

お召し上がりになる時間から逆算し、余裕をもった解凍をお勧めいたします。

解凍方法の詳細はこちら

ふぐを塩で焼きます(基本)

ぜひ炭火七輪でお楽しみいただきたい逸品です。
火加減は強火の遠火が基本です。炙るように焼くと美味しくなります。
ご家庭のグリルを使用する際は、あらかじめ予熱で温めておきましょう。

酒をふる

ふぐの身に、さっと酒をふりかけます。

塩をふる

ふぐの身に、塩をふりかけます。

網で焼く

網には薄く油を塗っておいてください。
焼き時間の目安は10分です。

ふぐを浸けタレで焼きます(味のバリエーション)

ニンニク、梅肉、葱塩、辛子味噌など、味のバリエーションを増やしてお楽しみいただけます。

ニンニク塩タレを作ります

ニンニクをこする

ニンニクの皮は指の腹でこするとむけます。

薄皮をはがす

ニンニク一欠片を使います。
根元の部分を包丁で切り落として、薄皮をはがします。

ニンニクスライス

ニンニクをスライスします。

鷹の爪の輪切り

鷹の爪を輪切りにします。

ひとつに合わせる

ニンニクと塩、鷹の爪、オリーブオイル、酒をひとつに合わせて混ぜます。

タレをなじませる

ふぐの身にタレをかけ、5分ほど馴染ませます。

梅肉タレを作ります

梅干しの種を取る

梅干しの種をとり、刻みます。

梅肉タレを作る

刻んだ梅と分量の醤油、酒、みりん、砂糖を合わせ、よく混ぜます。

タレをなじませる

ふぐの身にタレをかけ、5分ほど馴染ませます。

タレに浸けたふぐを焼きます

炭火七輪の火加減は強火の遠火が基本です。炙るように焼くと美味しくなります。
グリルを使用する場合は、あらかじめ予熱で温めておきましょう。

網で焼く

網には薄く油を塗っておいてください。
焼き時間の目安は10分です。

すだちを添えて出来上がり

盛り付けて完成

器に盛り付け、お好みですだちを添えてお召し上がりください。

焼きふぐレシピ魚介料理日本料理

2018-10-26作成/2018-10-26更新]

下関ふぐ本舗全商品はこちら

~ 関連リンク<links> ~