お取り寄せ通販専門店
ふるさと産直村®

ご当地グルメを産地直送でお届けするお取り寄せ通販サイト

とらふぐホイル包み焼きの作り方

ふぐホイル焼きレシピ

とらふぐホイル包み焼きの美味しいお召し上がり方です。ほんのり甘い味噌ダレが茸類とふぐによく合います。ホイルで包み、じんわりと蒸し焼きにすることで、ふぐの優しい香りと味わいをお召し上がりいただけます。

[準備時間:約 調理時間:約 合計:約

~ 調理手順 ~

  1. 事前にふぐを解凍しておきます
  2. 味噌ダレを作ります
  3. 野菜などの具材を準備します
  4. ホイルで具を包みます
  5. ホイル包みを焼きます
  6. レモン汁をかけて出来上がり

材料(約2人分


具材

  • ふぐむき身   100g
  • しめじ     50g
  • エノキ     50g
  • 玉ネギ     1/4玉
  • レモン     適量
  • 油       小さじ2
  • アルミホイル  適量

味噌ダレ

  • 味噌      大さじ1
  • マヨネーズ   大さじ1
  • みりん     小さじ2
  • 酒       小さじ2

※材料はあくまで一例です。お好みに応じて調整してください。[約406 kcal

事前にふぐを解凍しておきます

冷凍庫より冷蔵庫に移し、約12時間前後で解凍します。

お召し上がりになる時間から逆算し、余裕をもった解凍をお勧めいたします。

解凍方法の詳細はこちら

味噌ダレを作ります

味噌ダレを作る

分量の味噌、マヨネーズ、みりん、酒をよく混ぜ合わせます。

野菜などの具材を準備します

シメジを切ります

しめじを拭く

茸類は香りがとぶので水洗いせず、気になる汚れがあれば固く絞った布巾やキッチンペーパー等で拭いておきます。

しめじを裂く

しめじは3~5本ずつになるよう、手で裂くように分けます。

しめじの石づきを取る

根元の石づきを切り落とします。

エノキを切ります

えのきの石づきを取る

エノキは石づきの上2cmくらいを切り落とします。

えのきを束で分ける

食べやすい束になるよう切り分けます。
水洗いはしませんが、根元にオガ屑が入り込んでいる場合があるので、取り除いてください。

玉葱を切ります

玉葱を半分に切る

玉葱の皮を剥き、縦半分に切ります。

ヘタを切り落とす

茶色のヘタの部分を切り落とします。

芯を切り落とす

芯の部分を切り落とします。

玉葱をスライスする

玉葱を薄くスライスします。

ホイルで具を包みます

ホイルに油を塗ります

ホイルに油を塗る

アルミホイルを30cmほどの長さで切ります。
具材がホイルにくっつくのを防ぐため、アルミホイルの中央に油を塗ります。

ホイルに具を乗せます

玉葱をのせる

薄切りにした玉葱をのせます。

ふぐをのせる

ふぐをのせます。

エノキをのせる

エノキをのせます。

しめじをのせる

しめじをのせます。

味噌ダレをかけます

味噌ダレをかける

味噌ダレを全体にかけます。

ホイルで具を包みます

ホイルで包む

アルミホイルの端と端を合わせて折りたたみ、しっかり具を包み込みます。

ホイル包みを焼きます

グリルで焼く場合

グリルで焼く

グリルで10分焼きます。
そのまま5分ほど蒸らして完成です。

フライパンで焼く場合

フライパンで焼く

フライパンに乗せ、中火で5分焼きます。

蓋をして5分

蓋をしてさらに弱火で5分蒸し焼きにして完成です。

レモン汁をかけて出来上がり

器に移して完成

ホイル焼きを器に移します。
アルミホイルを開き、レモン汁をかけてお召し上がりください。
アルミホイルが熱くなっているので、やけどにお気を付けください。

ふぐホイル焼きレシピ魚介料理日本料理

2018-10-26作成/2018-10-26更新]

下関ふぐ本舗全商品はこちら

~ 関連リンク<links> ~