お取り寄せ通販専門店
ふるさと産直村®

ご当地グルメを産地直送でお届けするお取り寄せ通販サイト

ふぐ刺しのお召し上がり方

ふぐ刺し食べ方

ふぐ刺しの美味しいお召し上がり方です。ふぐは脂肪分の少ない白身のため、ポン酢との相性がよいです。葱は細くて柔らかな食感のものを選びましょう。

[準備時間:約 調理時間:約 合計:約

~ 調理手順 ~

  1. 事前にふぐ刺しを解凍しておきます
  2. ネギを切ります
  3. ポン酢を用意します
  4. ネギを巻いてお召し上がりください

材料(約3~4人分


具材

  • ふぐ刺し   1皿(30cm)
  • ふぐ皮    1パック(30g)
  • 小葱     適量
  • ポン酢    適量
  • だいだい   1/2個(お好みで)

※材料はあくまで一例です。お好みに応じて調整してください。[約118 kcal

事前にふぐ刺しを解凍しておきます

冷凍庫から冷蔵庫に移し約4~5時間で解凍します。

お召し上がりになる時間から逆算し、余裕をもった解凍をお勧めいたします。

解凍方法の詳細はこちら

ネギを切ります

小葱は地域により、万能ネギ・細ネギ等の名称で呼ばれています。30~50cmの細長い円筒状の葉をしています。
アサツキやワケギでも同様に美味しくお召し上がりいただけます。

根を切り落とす

ネギの根の部分を切り落とします。
白い部分は甘くて美味しいので、根のギリギリを取り除くと良いです。

小口切りにする

根側の白い端から細かく小口切りにします。
ネギは根に近い方の味が濃く美味しいです。

寸ネギにする

半分から先の青い部分は、4cmくらいの長さの寸ネギにします。

ポン酢を用意します

ポン酢を用意する

ふぐ刺しは、醤油より塩分の少ないポン酢がよく合い、ふぐ本来の旨味を感じられます。
ふぐポン酢を付属してありますので、小皿にご用意ください。お好みに合わせて、もみじおろしを添えます。
オススメとして、だいだいを搾るとポン酢の酸味が緩和され、上品なまろやかさが味わえます。

ネギを巻いてお召し上がりください

ネギを刺身で巻く

小口切りのネギはポン酢に混ぜて、寸ネギは刺身で巻いてお召し上がりください。

ふぐ刺し食べ方魚介料理日本料理

2018-10-26作成/2018-10-26更新]

下関ふぐ本舗全商品はこちら

~ 関連リンク<links> ~