お取り寄せ通販専門店
ふるさと産直村®

ご当地グルメを産地直送でお届けするお取り寄せ通販サイト

当店のダジャレ商品「ケガ人を出さない毛ガニ甲羅盛」が、ついに商標登録されました!

スタッフの猛反対を押し切って、ダジャレ商品「ケガ人を出さない毛ガニ甲羅盛」の商標権を、ついに取得しました。

商標登録に至るまでの経緯

四コマ漫画

「ケガ人を出さない毛ガニ甲羅盛」という商品の魅力から、名前が生み出された経緯、お客様の反響、そして商標登録に至るまで、様々なことがありました。

毛ガニの甲羅盛という画期的商品

毛ガニ甲羅盛

姿の蟹を剥く際、手が痛くなったりかゆくなったりすることがよくあります。
特に毛ガニは、その名のとおり、甲羅に細かい毛がビッシリ生えていて、更に棘まであるので、剥くだけで手が痛くなります。

そんな折、お取り寄せ通販サイト「ふるさと産直村」で取り扱っている蟹の出荷元から、「毛ガニの甲羅盛」という商品を作ったので、販売して欲しいという提案がありました。

毛ガニは、ズワイガニやタラバガニといった他の蟹に比べても小振りで、特に肩肉の部位を剥くのが非常に面倒な上、身が取りづらい蟹です。
しかし、この毛ガニ甲羅盛は、毎日、何かに取り憑かれたかのように蟹を捌くプロの職人たちが、ひとつひとつ丁寧に手作業で捌いており、毛ガニの身肉を余すこと無く甲羅に詰め込んでいます。
そのため、食べ残しとなる部分が無くなり、とてもお得に味わうことができます。

もちろんカニミソもしっかり入っているので、余すことなく毛ガニを丸ごと味わえます。 解凍した後、箸でそのまま食べることができるので、手をも汚さない、正に画期的商品なのです。

ダジャレをネーミングにしてみよう

当初、「北海道産!毛ガニの甲羅盛」という商品名で販売する予定でした。
しかしある時、「毛ガニ」と入力しようとしたところ、誤って「けが人」と入力。
まさにその時、閃いたのです。

「ケガ人を出さない毛ガニ甲羅盛」という名前で売り出しみよう!

スタッフからは寒いオヤジギャグと冷ややかに言われ、意気消沈。
ですが、村長はめげることなく、「この商品名で売る!」と、スタッフの反対を押し切り、ついにこのネーミングで新発売に至りました。

お客様から予想外の高評価をいただきました

スタッフの反対をよそに、お客様からは意外な反応が返ってきました。


  • まず、名前にクスッときちゃいました(笑)でも説明文を読んで納得。
  • ケガ人出さない毛ガニという商品名もインパクトがあり、毛ガニを捌くのも難しいというのもわかりいい商品名だなと思いました。
  • 毛蟹で怪我をするって、思わず笑っちゃったけどあるあるですよね!w
  • しかし、「ケガ人出さない毛ガニ甲羅盛」とは随分上手く商品名を考えられたと思います。
  • 毛ガニが剥いてあって、ケガがないってとても発想がいいですね。
  • シャレのきいた面白いネーミングに目が留まりましたが、とても人に優しい商品ですね。
  • 毛ガニを怪我しないように食べられるという言葉に笑ってしまいました。確かに毛ガニは、剥きづらい。でも美味しい!!
  • ケガ人出さない毛ガニ甲羅盛という商品名にナイス商品名!と思わず脱帽してしまいました
  • まず「ケガ人出さない…」という商品名に思わず目がいき、くすっと笑ってしまいました。説明を読んで納得。
  • ネーミングが面白いだけでなく、どういう商品が分かりやすくていいですね。
  • 確かに、毛ガニは小ぶりで殻がとても固いので身が取りだしにくく、手が痛くなったり怪我をしそうになったりします。そんなお悩み解決を、そのままネーミングにしている所も率直で分かりやすくていいですね。
  • 「ケガ人出さない毛ガニ甲羅盛」、ユニークな名前ですが、毛ガニは触るだけでチクチクして棘も多く、切実に手を怪我しやすいので、思いやり溢れる逸品だと思います!

(一部抜粋)


スタッフに寒いオヤジギャグと一蹴されたネーミングが、お客様には案外わかりやすいキャッチコピーだったようで、予想以上の高評価をいただくことが出来ました。

発売から3週間余りで1000個以上売り上げる大ヒット商品に

お客様のネーミングへの高評価が幸いし、発売開始から3週間余りで、販売数が1000個を超える大ヒット商品になりました。(2015年11月20日~12月12日までの販売実績)

しかし予想を遙かに超える数量を売り上げたため、毛ガニ甲羅盛の製造工場から、「職人が取り憑かれてしまったため、受注を一時中断して欲しい」(実際は、製造工場の生産量をオーバー)との連絡をうけ、残念ながらその年の12月中旬には、売り切れとなってしまいました。
※現在は、販売を再開しております。

とても食べやすく、美味しいので、リピートしていただくお客様も多い商品です。
当店スタッフも、よく自ら購入して食べています。

せっかくなので商標登録してみることにしました

この結果に気をよくした村長から、「せっかくなので、ケガ人を出さない毛ガニ甲羅盛を商標登録してみよう!」という鶴の一声。
いやいや、こんなつまらないダジャレが通るの?といった声を余所に、商標登録のスペシャリストである弁理士さんに相談してみたところ、「商標登録は可能と考えられます」との回答を得ました。

ちなみに弁理士さんは、商標権のほか、特許権や実用新案権、意匠権といった知的財産(産業財産権)のスペシャリストで、こういった手続きの事務手続きを代理する方です。

弁理士とは | 日本弁理士会

そして2015年12月9日、弁理士さんを通じて「ケガ人を出さない毛ガニ甲羅盛」の商標を出願する運びとなりました。

そして商標登録へ・・・

商標登録証

弁理士さんには商標登録は可能と言われましたが、果たして本当にダジャレが商標登録できるのかという不安もありました。

そんな不安をよそに、出願から僅か半年後の2016年5月20日、ついに「ケガ人を出さない毛ガニ甲羅盛」が、当店(株式会社ふるさと産直村)の登録商標として、無事に認められました。

「ダジャレのようなネーミングに思わず笑ってしまう」や「変な名前だけどHPの商品説明を読んだら納得した」といったお客様の声に支えられ、発売から3週間あまりで1000個以上を売り上げた大ヒット商品。
この予想外の結果となったダジャレ商品「ケガ人を出さない毛ガニ甲羅盛」をこれからもお客様の元へお届けしていきたいと思います。

なお、最後に非常に大切なことなのでお伝えしておきます。
この商標は、あくまでこの商品を販売するためのものですので、みなさんが「ケガ人を出さない毛ガニ」とつぶやいても、商標権の侵害による損害賠償請求を行うことは一切ありませんのでご安心ください。

2016-07-04作成/2017-09-29更新]

ケガ人を出さない毛ガニ甲羅盛