お取り寄せ通販専門店
ふるさと産直村®

ご当地グルメを産地直送でお届けするお取り寄せ通販サイト

タラバガニはヤドカリの仲間です

タラバガニ通販

日本海近郊やオホーツク海、アラスカ沿岸に分布

タラバガニは、ヤドカリの仲間に属します。
いでたちは蟹のように見えますが、蟹と見比べてみても脚が左右1ずつ足りないことが分かります。
甲羅の幅は大きいもので25センチほどもあり、脚を広げると1メートルを超えるものもあります。
甲羅や脚の殻には鋭い突起が付いており蟹の王様などとも呼ばれています。
身の肉もふっくらして味もよく食べ応えがあると言われており、珍重されています。
タラバガニは、日本海近郊やオホーツク海、アラスカ沿岸などで分布・捕獲されます。
タラバガニは蟹の王様と言われていますが、先述のとおりヤドカリ属に当たるので、全姿では販売されていない事もあるようです。
販売をする際にはボイルを済ませ、脚肉のみの販売をしたり、全姿で販売する場合は、カニみその部分を抜き取ってから甲羅をかぶせ販売しています。
実はこのカニみそに当たる部分は、脂分が強く一般的なカニみそと同様に食すると、お腹を下してしまうこともあるため、カニみそ抜きでの販売が原則のようです。
ほとんどの場合は、半身のみの販売になるようです。
タラバガニの美味しい食べ方は、焼きガニです。
ふっくらとした身と甲羅を焼いた際に漂う香ばしい香りはお酒もすすみます。
またボイルのタラバガニはそのまま食べてもしっかりとした甘みとうまみを楽しむことができます。
たっぷりの身は蟹酢やレモン等をつけても美味しく食べられますし、チャーハンの具や卵スープの具としても贅沢に楽しむことができます。

タラバガニの殆どがロシア産かノルウェー産

タラバガニは、お正月などの祝儀で出されたり、冬場の寒い時期になると鍋にカニを入れたり、雑炊にして食べるなど日本人にとってなじみのある魚介類の一つです。
日本では北海道の根室などの北方で漁獲されます。
日本国内で売られているものの中には北海道のものもありますが、ほとんどがロシアやノルウェーが産地です。
タラバガニはズワイガニとよく比較されます。
どちらも旬な時期が同じで美味しいですが、見た目や味などの特徴が大きく異なります。
タラバガニにはブランド性はありませんは、中には花咲ガニのように希少な種も存在しています。
タラバガニには太い脚が4対8本あります。
体全体としての特徴は、鮮やかなオレンジ色の甲羅が大きくて、甲羅にトゲがあります。
ズワイガニは5対10本なので脚の本数で簡単に見分けることができます。
身は体の大きさに見合ってたくさん詰まっていて食べごたえがあります。
ただ、カニ味噌はズワイガニや毛ガニのように濃厚でないので基本的に食べないことが多いです。
値段は安ければ1パイ2000円程度ですが、大きくて最高級レベルのものになると1万円近くすることもあります。
安価なものも出回っているので、たくさんカニを食べたいという人にとっては満足できます。
料亭などで出されるカニはタラバガニの場合が多いです。
食べ方はいろいろ好みに応じてバリエーションがあります。
茹でても良いのですが、身がたっぷり入っているかわりに味がややたんぱくなので、鍋の具として用いたり、カニしゃぶとして食べると美味しいとされています。

2016-11-14作成/2018-11-22更新]

北海道ヤマタ全商品はこちら

~ 関連リンク<links> ~