お取り寄せ通販専門店
ふるさと産直村®

ご当地グルメを産地直送でお届けするお取り寄せ通販サイト

紅ズワイガニは日本海やロシア、北朝鮮で水揚げされる

ズワイガニ通販

ズワイガニとは近縁種で別の蟹です

紅ズワイガニは日本海やロシア、北朝鮮などで水揚げされる蟹です。
ズワイガニとは近縁種で別の蟹とされています。
ズワイガニと比べても水深の深いところに生息しており、色味も全体に暗褐色です。主に缶詰などに加工されています。
紅ズワイガニは甘みが凝縮された蟹の身が人気で、人によってはズワイガニよりも美味しいという方もいるほどです。
国産の紅ズワイガニは、滋賀県の香住漁港で水揚げされることが多いのですが、こちらは香住ガニというブランドガニとして成立しており、香住の旅館や料亭で旬の紅ズワイガニを食すことができます。
紅ズワイガニは加熱すると身が縮みやすくなるという難点を持っているため、生のままでの流通はあまりされていません。
ただし、本ズワイガニと比べても漁獲量が多いため加工食品などに用いられています。
紅ズワイガニのお勧めはなんと言っても香住ガニを現地で食することです。
てんぷらやカニミソを使った料理など、その土地でしか味わえない料理を堪能することができます。
また紅ズワイガニの脚肉をたっぷりと使った缶詰は蟹肉の歯触りもよくうまみもしっかり凝縮されているのでお勧めです。
脚がそろった高価な商品から、崩れ肉を集めたほぐし身の状態の商品まで様々な商品がありますので、お店で確認をしてみるとよいでしょう。
紅ズワイガニは、資源保護の観点から雌ガニの捕獲は禁止とされています。
ただし、海外の海域ではこの約束事には触れませんので流通する紅ズワイガニの雌ガニは海外で捕獲されたものだと理解しましょう。

紅ズワイガニの水揚げ日本一は境港

ズワイガニは大きく3つの種類に分けることができます。
それは、紅ズワイガニ、本ズワイガニ、オオズワイガニとなります。
紅ズワイガニは日本においては境港が水揚げの日本一です。
日本海の水深約500メートル~2500メートルに生息し、秋から翌年の春にかけて一年を通じて比較的長い間水揚げされます。
境港の紅ズワイガニは、獲りたてのカニをそのままボイルにしたり、急速冷凍して旨みを損なわないようにして出荷されていますので、家庭でも美味しく食べることができます。
紅ズワイガニの用途は多く、加工用缶詰の原材料に使われたり、冷凍のカニクリームコロッケやカニちらし寿司などにも使用されています。
大きさは比較的小さいので、脚などの身入りがズワイガニに比べると少ないです。
そのため値段は同じズワイガニでも本ズワイガニやオオズワイガニよりも安くなっています。
味もやや落ちます。
よくカニの食べ放題をやっている大衆食堂や居酒屋がありますが、そういったところで出されるカニはたいていは紅ズワイガニです。
海産物などの土産店などで安く売られている場合もあります。
身は甘みがあり、水分が多いので保存する際は水分が抜けて身が少なくなるのを防ぐために甲羅を下にして保存すると良いでしょう。
紅ズワイガニの味は鮮度に大きく左右されるので、獲れたて茹でたてものか、急速冷凍したものをゆっくり解凍してすぐに食べることをおすすめします。
すぐに食べるのであれば比較的安く入手できるので、お腹いっぱい食べることができます。

2016-11-14作成/2018-11-22更新]

北海道ヤマタ全商品はこちら

~ 関連リンク<links> ~