お取り寄せ通販専門店
ふるさと産直村®

ご当地グルメを産地直送でお届けするお取り寄せ通販サイト

松葉ガニは冬の風物詩

ズワイガニ通販

雄の本ズワイガニを鳥取県を中心に松葉ガニと呼びます

松葉ガニは冬の風物詩。松葉ガニが解禁されると冬到来とも言われています。
この松葉ガニは一般的な「オスの本ズワイガニ」のことで、鳥取県を中心に「松葉ガニ」と呼ばれています。
茹でた後の甲羅の色が鮮やかで、見た目にも華やかなので、お祝いの席にも欠かせない逸品です。
福井などでは「越前ガニ」と名称が変わります。
松葉ガニは境港で水揚げされる国産本ズワイガニのブランド名で、登録商標されています。
ブランドタグが脚につけられ品質を保つ工夫が持たれています。
毎年11月初旬に漁が解禁され、終漁までの期間にたくさんの松葉ガニが水揚げされます。
松葉ガニの名前の由来は、脚の形が松葉のように見えると言われたり、捕獲された蟹をゆでるために浜で松葉をたくさん燃やしたからなど、諸説色々なのだそうです。
過去の文献でも名前の由来は分からないのだとか。
1月に入ったほんの一時期、雌ガニの捕獲も認められる時期があります。
雌ガニは「セイコガニ」などと呼ばれ、松葉ガニと比べると小さく身入りも少ないのですが、卵を抱いています。
セイコガニの内子とお腹に抱いた外子は珍味と言われ、みそ汁の具やダシとして使われています。
内子の塩漬けなどは酒の肴としても珍重されるほどです。
松葉ガニはカニ鍋や蟹すき、焼きガニなどで楽しむことができます。
また地元でしか味わうことができない蟹の刺身や蟹しゃぶ、てんぷら料理などもオツなものです。
是非季節の味、松葉ガニを堪能してみてはいかがでしょうか。

贈ると喜ばれる高級食材

松葉ガニとは、山陰地方や日本海側で水揚げされる本ズワイガニのことです。
日本では鳥取県の境港で水揚げが特に有名ですが、島根県、兵庫県、京都府などでも獲れます。
こういった地域で獲れた本ズワイガニは関西では松葉ガニと呼ぶのが一般的ですが、関東では単にズワイガニと呼ばれることが多いです。
日本人にとって、カニは高級食材であるというイメージがあるので日常的に食すものではなく、お正月や冠婚葬祭、お祝いなどのおめでたい席など、限られた機会で食べることが多いです。
また、家族や友達、職場の仲間などとカニ料理の専門店などにいってフルコースやカニしゃぶなどに舌鼓を打つこともあり、日本人にとってカニは欠かすことができない食材の一つとなっています。
カニというと北海道が有名ですが、日本海側ではズワイガニが多く漁獲され、その多くがブランドとして名前が付けられます。
その中の一つが松葉ガニであるわけですが、島根県の隠岐諸島近海でとれたズワイガニの中で一定基準の品質と大きさを有しているものを「隠岐松葉ガニ」といいます。
また、鳥取県の境港で水揚げされたズワイガニを「鳥取松葉ガニ」と呼びます。
鳥取県は日本でもカニの水揚げ量が多いことでも知られています。
こうしたブランド名が付いたズワイガニは高価ではありますが、身がいっぱい詰まっていて甘みがあり、品質が良いことでも知られています。
家族と一緒に食べるのはもちろんですが、お歳暮などで親戚や仕事関係の方々に贈ると大変喜ばれる高級食材としても定評があります。

2016-11-14作成/2018-11-22更新]

北海道ヤマタ全商品はこちら

~ 関連リンク<links> ~