お取り寄せ通販専門店
ふるさと産直村®

ご当地グルメを産地直送でお届けするお取り寄せ通販サイト

本ズワイガニは大型で深海に生息

ズワイガニ通販

日本海や北太平洋、オホーツク海などに分布するズワイガニ

本ズワイガニは十脚目ケセンガニ科に属する蟹です。
深海に生息しており大型で日本では食用とされています。
大型と言われる所以は、オスの本ズワイガニの甲羅の幅は最大14センチ程度ですが、脚を広げると70センチほどの大きさになるところから言われています。
それに比べると、メスの本ズワイガニはオスの半分程度の大きさです。
ズワイガニの名称の由来は、木の枝を思わせるような脚の細長さから来ているようです。
古語で細い木の枝を意味する「楚(すわえ)」がなまってズワイガニになったと言われています。
ズワイガニは一般的な名称ですが、地域によっては名称が変わります。
福井県では「越前ガニ」鳥取県では「松葉ガニ」などと呼ばれています。
このほかヨシガニ・タイザガニなどという名前でも呼ばれていますがすべて同一の本ズワイガニです。
生息地や水あげ場所によって名称が変わってきます。
特に越前ガニや松葉ガニはブランドとして商標登録されており、他の本ズワイガニと差別化を図り高級蟹であることをアピールしています。
本ズワイガニの雌はブランド化されておらず、コッペガニ・セコ(セイコ)ガニ、クロコなどと呼ばれています。
雌ガニは乱獲を防ぎ漁獲量を守るため漁獲を制限されています。
ブランド化されている蟹ではありませんが、卵をお腹に抱いた状態で水揚げされるため、年に一度・季節限定の珍味として人気があります。
本ズワイガニは日本海や北太平洋、オホーツク海などに分布しています。
冷たい水を好むため冬の日本海の海底はよい漁場となるのです。

めでたい席で振る舞われると嬉しいズワイガニ

お歳暮などの贈りものでもらったり、めでたい席などでふるまわれるとうれしい本ズワイガニですが、ズワイとは細い木の枝のことを指す楚(すわえ)という言葉が訛ったものであり、カニの脚が細い木の枝のようなことから「ズワイガニ」と名付けられたといわれています。
ズワイガニは大きく3種類に分けられますが、松葉ガニや越前ガニなど日本人になじみのあるものは「本ズワイガニ」に分類されます。
ズワイガニは本ズワイガニ、オオズワイガニ、紅ズワイガニとあるのですが、本ズワイガニは別名オピリオ種とも呼ばれます。
クチバシの山が三つあり形は丸くなっているのが特徴です。
本来はカナダが産地のものが多いのですが、多くが日本で獲れています。
松葉ガニや越前ガニといったブランドとなっているカニは特に有名で高価です。
その身は繊維質がやわらかくて甘みもあり、みずみずしいことでも知られ、とても人気があります。
茹でるとオレンジ色っぽくなって見た目も鮮やかなので、食事として出されるときれいです。
本ズワイガニの松葉ガニには、カルビルという生物の卵がついているのは有名です。
カルビルは海底の砂などやわらかい場所に産卵することができないため、ゴツゴツした甲羅をもった松葉ガニに産卵するという習性があるためです。
このカルビルの卵が多く付いている松葉ガニはとてもおいしいといわれています。
その理由は、甲羅にカルビルの卵が付いていれば脱皮してから時間がそれだけ経過している証拠であり、カニは脱皮後に身が引き締まって味もよくなるからです。

2016-11-14作成/2018-11-22更新]

北海道ヤマタ全商品はこちら

~ 関連リンク<links> ~