美味しい食べ方についての雑学・豆知識

食事を美味しく食べるには

辛子明太子

私たちが生きていく上で、食べることは必須条件です。
しかし、ただ体を作るためだけに食べているわけではありません。
食べた物が体内に栄養として吸収される過程には、脳の働きが大きく影響しているようです。
家族との食事はリラックスでき、大切な仲間との楽しい食事はストレスの解消にもなるでしょう。
落ち着いた和やかな雰囲気の中、座って暖かい料理を口に運ぶと、作ってくれた人の心までも美味しくいただくことができます。
美しく盛られた料理は視覚を刺激し、旬の新鮮な食材は私たちの意識を高めてくれます。
逆にせかせかとした食事や緊張しての食事はどうでしょう。
食べた気にならず、味気ないものではないでしょうか。
不安な気持ちやストレスは人の消化器官へも影響し、せっかくの料理の魅力が半減してしまいます。
当たり前のようにただただ食すのではなく、出された料理を目で楽しみ、匂いを嗅ぎ、口に運んでゆっくり噛んで味わえば、三ツ星レストランや料亭での食事でなくても、いつもの食事も意識ひとつで美味しくいただくことができます。
「美味しい」と感じながらの食事は心も満たされ心身ともに満足でき、健康が維持されるのではないでしょうか。
時には食器や照明を変えたり、食べる人の気持ちを考えて食事を作るのも大切なことだと言えます。
 

食事のマナー

人とのコミュニケーションにおいて、テーブルマナーは大事です。
食事の場において、食べ方でその人の評価が変わると言っても過言ではありません。
難しいお作法としてのマナーではなく、お行儀としてのマナーは普段の食事から気を付けられることですので実践してみましょう。
食べる前に「いただきます」と言うのは、料理を作ってくれた人に対する感謝の気持ちや、一緒に食事をする人に対して楽しみを伝える意味があります。
食後に「ごちそうさま」と言うのは、美味しく楽しく食べたことに対して喜びを伝える意味があります。
ひとことで、食事の雰囲気が変わる大切な挨拶です。
また、食事中に携帯電話を触るのは相手に失礼だということは、すでにご存知でしょう。
もう一つ言えば、食事に関係のないものはテーブルに出さないということです。
携帯電話を持っていることが当たり前の世の中ですが、着信音で目の前にいる食事相手との雰囲気を壊されてしまうのは、とても残念です。
大切な食事会では電源をオフにするくらいの配慮も必要です。
かた苦しいお作法よりも、その場にあった振る舞いであったり少しの心遣いが美味しい食事をいただく秘訣ではないでしょうか。

商品ページに戻る