お取り寄せ通販専門店
ふるさと産直村®

ご当地グルメを産地直送でお届けするお取り寄せ通販サイト

野菜をたっぷり摂れるもつ鍋

もつ鍋通販

体に優しい温野菜として摂取

もつ鍋が1990年代に流行して、日本全国で食べられるようになってきています。
冬場になると冷え込む日もあり、そのような時にもつ鍋を食べることによって、体を温めたいと思っている人も多いでしょう。
もつ鍋にはたっぷりの野菜が用いられ、体に優しい温野菜として摂取することができます。
もつ鍋には一般的に、キャベツやニラが入っています。
しかももつ鍋屋に行ってみると、ふんだんに野菜の使われているものが提供されています。
普段仕事で忙しくて、外食続きという人もいるのではありませんか?
外食も最近ではかなり進化していて、いろいろな料理を食べられるようになってきています。
そこで毎日外食でも、いろいろなメニューを食べられるので味に飽きることはないでしょう。
しかし外食の場合、意識をしていないとどうしても栄養不足に陥ってしまう可能性が高くなります。
栄養バランスの偏りが気になっているという人も、多いのではないでしょうか?
しかしもつ鍋を食べれば、意識していなくても野菜をたくさん食べられます。
日ごろ不足している栄養分をしっかりと補給できるわけです。
また子供のいる家庭の中には、自分の子供が野菜嫌いで困っているというケースもあるのではないでしょうか?
そのような場合でも、もつ鍋を食べさせることで、野菜嫌いを克服させる方法があります。
いろいろなエキスがスープの中にしみだしていますし、しっかりと煮込むことで野菜の持っている青臭さを解消できます。
このため、子供も抵抗なくもつ鍋で野菜を食べられるわけです。

どんな野菜を入れますか?

鍋料理では、自然にたくさんの野菜を食べることができるのがいいところですね。
鍋料理の一種であるもつ鍋も、いろいろな野菜が入っています。
もつ肉は、肉屋やスーパーでも販売されていることがあります。
このため、自宅でもつ鍋を作って食べることも可能です。
ところで自宅でもつ鍋を作るときに問題になるのが、どのような野菜を入れるのがいいかという問題です。
通常もつ鍋屋を見てみると、ニラやキャベツの入っているのが定番です。
しかしせっかく自宅で調理するのであれば、それ以外の料理も入れて、オリジナリティを出してみたいと思う人も多いはずです。
いろいろな家庭のもつ鍋のレシピを見てみると、いろいろな野菜を入れている家庭があるようです。
たとえば、長ネギやエノキ、糸こんにゃく、豆腐といった鍋には定番の野菜を入れている家庭は少なくないようです。
その他にも、モヤシやゴボウなどを入れている家庭もあるようです。
ごぼうはかなり堅めの食材なので、もつ鍋に入れても大丈夫かと思っている人もいるかもしれません。
しかし長時間しっかりと煮込むことで、しんなりとして食べやすい感じの方に持っていくことも可能です。
またもやしの場合、もつ鍋の中でも味噌ベースのスープで作るときにはマッチするといわれています。
別にもつ鍋の中に入れる野菜には、特別なルールがあるわけではありません。
いろいろな野菜を入れてみるのがいいでしょう。
野菜をたくさん入れることで、野菜のエキスがスープにしみだします。
このため、よりおいしくなるはずです。

2016-11-14作成/2018-11-22更新]

とんちゃん全商品はこちら

~ 関連リンク<links> ~