お取り寄せ通販専門店
ふるさと産直村®

ご当地グルメを産地直送でお届けするお取り寄せ通販サイト

もつ鍋はしょうゆベースのスープが主流

もつ鍋通販

あっさりした味わいが味わえる

もつ鍋を作るときに、スープをどうするかという問題が出てくるかもしれません。
スープにはいろいろな種類がありますが、その中の一つにしょうゆ味のスープがあります。
もつ鍋の中でも、比較的あっさりとした味わいになります。
さっぱりとした感じのもつ鍋を食べたいと思っているのであれば、しょうゆ味ベースのもつ鍋を調理してみるといいでしょう。
しょうゆ味のスープを作る場合には、しょうゆの他に薄口しょうゆも用意するといいでしょう。
薄口しょうゆは、大さじ2杯程度で十分です。
この程度のボリュームで、しっかりとした隠し味になってくれるはずです。
その他には、カツオと昆布を使っただしやお酒、みりん、砂糖などを使ってスープの味を調えていきましょう。
しょうゆ味の場合、比較的あっさりとした味わいになるはずです。
しかしもつの持っているエキスがスープにしみだすことで、うまみをしっかりと感じられるようになります。
通常しょうゆ味のもつ鍋を作るときには、まずもつを入れてしっかりと煮立たせていきます。
この時に、しっかりともつのエキスをスープにしみださせるために、だし汁にもつが常にかぶっているような状態にするのがポイントといわれています。
ですから、だし汁は少し多めに鍋の中に入れるようにしましょう。
締めは、おじややちゃんぽん麺いろいろな方法で味わえばいいでしょう。
しかししょうゆベースのだしなので、おじやにして食べるのが最もマッチしていると思われます。

ちょっと癖のあるもつ鍋にもマッチ

現在提供されているもつ鍋のスープには、いろいろな種類があります。
ですがもつ鍋のもととなった料理では、今でもスタンダードな味として広く楽しまれている醤油味で調理されていました。
そのため様々な味付けが楽しまれるようになった現代でも、昔から営業しているお店では醤油味のもつ鍋が提供されていることも多いのです。
食品メーカーからももつ鍋が簡単に作れる素として醤油味が売られていることもあり、自宅で調理する場合でも多く楽しまれていることが伺えます。
もつはなかなか自分で調理することがなく、自宅で作るのは難しそうだという人もいるかと思いますが、こうしたもつ鍋の素を使えば簡単に調理することができます。
材料がセットになって販売されていることもあるので、これだけ買えば簡単に自宅でプロの味が楽しめてしまうのです。
もつなどの臓器系の食べ物は癖があって苦手だという人も、事前に下処理をされているものを選べば意外にも美味しく食べられてしまうこともありますよ。
特に醤油は普段から様々な料理で使用されている調味料であっさりした味わいのため、ちょっと癖のあるもつにもマッチします。
もつに限らずいろんな野菜に合いますし、野菜の旨味を引き立ててくれるのでまさにもつ鍋にぴったりな味付けということができます。
醤油ベースで楽しむなら、レシピには載っていないような野菜を入れて自分なりの楽しみ方を探すこともおすすめです。
もつ鍋を食べるならぜひ一度は醤油味を選んでみて下さいね。

2016-11-14作成/2018-11-22更新]

とんちゃん全商品はこちら

~ 関連リンク<links> ~