お取り寄せ通販専門店
ふるさと産直村®

ご当地グルメを産地直送でお届けするお取り寄せ通販サイト

お取り寄せのもつ鍋の美味しい食べ方

もつ鍋通販

下関風もつ鍋の美味しいお召し上がり方

浅めの鍋(フライパン可)に、ホルモン200~250gに対しタレ1袋(150cc)を入れます。
牛もも肉200gを追加しても美味しいです。
野菜(キャベツ・もやし・長ネギ・ニラなど)を入れます。
中火でグツグツ煮ながら、野菜がしんなりなるまで少しづつ混ぜて下さい。
※タレが少ないと思われるかもしれませんが、野菜から水分が出ますのでちょうど良くなります。
ホルモンの中まで煮えて、野菜がしんなりしたら出来上がりです。
お召し上がりになられた後の残りダレ(ホルモンや野菜が残っていてもOK)に、うどん玉やちゃんぽん面を入れます。
麺にタレが絡んだら出来上がりです。
その際、焦げ付かないようにしっかり混ぜるのがコツです。

その他のもつ鍋の一般的な食べ方

もつ鍋はお店に行って食べることも可能です。
しかし福岡以外の地域で暮らしている人は、本場博多のもつ鍋は食べられないのではないでしょうか?
その場合には、お取り寄せをしてみるのもいいでしょう。
最近では博多の有名なもつ鍋屋を中心として、通販によるサービスを実施しています。
注文すれば、自宅で簡単に本場のもつ鍋を再現することが可能です。
だしやもつ肉、にんにく、唐辛子などがパッケージになっているのでそれを鍋の中に入れましょう。
この時唐辛子を入れすぎてしまうと、激辛料理になってしまうことがあります。
辛さに強い弱いがありますので、徐々に入れていきましょう。
沸騰してくると、アクが出てきますのでこのアクを丁寧に取り除くことがもつ鍋の美味しい食べ方になります。
その上で、野菜を入れていきます。
通常は、キャベツ、ニラ、豆腐の順番で入れていきます。
その他にも好みの野菜があれば、入れても問題はありません。
野菜に火の通ったところで、できあがりになります。
もつ鍋の美味しい食べ方は、まずご飯と一緒に食べる方法があります。
できたてのご飯との相性は、とくに抜群です。
その他には、お酒のおつまみとして食べる方法もあります。
お酒は日本酒もしくは、ビールとの組み合わせが最高ではないでしょうか?
最後のシメにもつ鍋の場合には、うどん玉などを使って、鍋を煮込む方法があります。
この時、だしがあまっているでしょうから水も使って味の調整をしましょう。
またご飯を入れて雑炊にしても、おいしいはずです。

2016-11-14作成/2018-11-22更新]

とんちゃん全商品はこちら

~ 関連リンク<links> ~