お取り寄せ通販専門店
ふるさと産直村®

ご当地グルメを産地直送でお届けするお取り寄せ通販サイト

煮込み料理といってももつ鍋やおでんなど様々

もつ鍋通販

日本以外にも煮込み料理があります

日本にはもつ鍋やおでんなど、様々な煮込み料理がありますが、日本だけでなく、海外にもいろいろな種類の煮込み料理があります。
その中でも、ヨーロッパの中で人気の煮込み料理として、ポトフがあります。
おそらくポトフという料理の名称は、聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?
ポトフは、ドイツの代表料理としてイメージしている人も多いかもしれません。
しかしもともとのルーツは、フランスにあるといわれています。
フランスの家庭料理だったものが、ドイツで広まったと考えられています。
ドイツではアイントプフと呼ばれることもあります。
ポトフのいいところは、手軽に作れるところがあります。
ソーセージと野菜を入れてコトコト煮込めば、作ることができます。
余計な味付けをする必要もありません。
野菜に関しても、特別入れる種類が決まっているわけではありません。
家にある野菜を適当に突っ込んで、作成してみるといいでしょう。
調味料などを入れなくても、野菜やソーセージからいろいろなエキスがしみだしてきます。
このため、おいしい料理になるわけです。
一人暮らしをしている人の間で、結構人気の煮込み料理といわれています。
ある程度まとめて作れば、数日間食べられます。
また簡単に調理できますので、仕事で普段忙しい方でも簡単に作ることができます。
先ほども紹介したように、野菜をふんだんに使った煮込み料理になります。
一人暮らしをしていると外食続きで、野菜不足になる人も多いでしょう。
野菜も適度にとれるので、非常にヘルシー料理とも言えます。

ガス代を節約するには

煮込み料理を作成するときには、長時間ガスを使用するなどして じっくりコトコトと熱を入れることが多いので、ガス料金がかかってしまうのではないかと不安に感じている人もいるでしょう。
実は、ちょっとした工夫をすることで、ガスの消費を節約できる方法があります。
それは、バスタオルを使った方法です。
バスタオルで鍋を包むようにくるむと、お鍋の保温効果が期待できます。
そして余熱を使えば、余計なガスのエネルギーを使うことなく火を通すことができるのです。
煮込み料理を作るには、味がしみ込むまで通常は弱火にして煮込んでいくと思います。
一旦沸騰させた後、火をとめ鍋をおろしましょう。
大きなサイズのバスタオルを用意し、鍋ごとしっかりとくるみます。
洗濯ばさみなどを使って、止めればそのままの状態で固定することも可能です。
できれば、この上に更にタオルをかけることによって、より保温効果を増すことができます。
じっくりと時間をかけて味をしみ込ませることができるうえ、具材も柔らかく仕上がるのです。
料理やどの程度の量の煮込み料理を作るかによっても多少の時間差がありますが、通常3時間も経過すれば食材が柔らかくなって、味もきちんとしみ込んでくれるといいます。
余計にガスを消費しなくても、よりおいしい料理を作ることができます。
また食材に味がしみ込むのにかかるまで、火のそばにいる時間を減らす方法として、バスタオルを使った保温効果で、余熱調理する方法が一部サイトで紹介されています。
ガス料金の他にも、時間節約効果も期待できます。
バスタオルであれば、自宅にあるはずですから実践してみるのはいかがでしょうか?

2016-11-14作成/2018-11-22更新]

とんちゃん全商品はこちら

~ 関連リンク<links> ~