茶碗についての雑学・豆知識

陶磁器だけでなく、プラスチックや金属製のものもあります

とらふぐ生茶漬け

茶碗、と言われて真っ先に思い浮かぶのはご飯を入れる器だと言う方は多いと思います。
しかし、茶碗は元々名前にあるように、お茶を入れる為の器の事を指しました。
奈良時代から平安時代にかけて、茶と一緒に日本に伝わったとされており、当時は茶自体が高級な物であった事から、一般的には広く出回る事はなかったようです。
一般の人々が陶磁器の茶碗を使用するようになったのは、江戸時代以降の事で、手軽に楽しめる煎茶が広く普及した事によって、湯のみ茶碗が使われるようになりました。
さらに、明治時代に入ると、鉄道網の普及によって、全国に磁器のご飯茶碗が広く普及していったとされています。
そして、日本ならではの風習としては、ご飯茶碗や湯のみ茶碗は「属人器」と呼ばれる、使用する人間が決まっている器である、ということです。
特に家庭内では、自分の茶碗はこれ、と決まっている家庭が多いのではないでしょうか?
このような食文化は同じ箸と茶碗を使用する中国やヨーロッパでは一般的ではありません。
日本ではこのように茶碗や箸を属人器として扱うことから、結婚祝いや夫婦へのプレゼントとして、男女用にペアになった「夫婦茶碗」をプレゼントするという場合も多くなっています。
また、茶碗は元々陶磁器のものが一般的でしたが、現在では子供用や病院、介護施設等で使用する為の、割れにくいプラスチック製の茶碗や韓国では一般的に使用されている金属製の茶碗など、様々な種類の茶碗が作られています。
 

萩焼、九谷焼、砥部焼、織部焼き等、個性的な焼き物も

茶碗というと、現在では、白いご飯を入れる器を思い浮かべますよね。
昔は、茶碗は茶道の祭、お茶を飲む道具だったんです。
名前にお茶がつくのはそのためだったんですね。
茶道でお茶を飲むのは、正に白いご飯を入れて食べる茶碗ような小さいボウル状のようなもの。
一般的には「抹茶茶わん」と言います。
「抹茶茶わん」の基本は、高価なものというのではなく、いかに相手が心地よくお茶を飲むことができるか、美味しいお茶をたてることが出来るかがという、人をもてなすという茶の心が基本です。
お茶会でのお茶碗は、茶碗の品評会ではなく、客人をもてなす気持ちだというわけです。
お茶碗には焼き方によって色々な種類があります。
茶道が最初に中国から入ってきた時は海外で焼かれた「唐物」の茶碗も使われていましたが、現在は日本の焼き物がほとんどのようです。
その焼き物の代表的なものに「楽焼」があります。
16世紀に京都の楽家、初代長次郎が作ったのが始まりで、利休の考えを反映して作られました。
特徴はろくろを使わず手捏ねだということです。
そのため、唯一無二の作品で、手になじみやすく暖かな印象があります。
強さの中にもろさがあり、丁寧に心を込めて扱います。
お茶をたてるのに向いている焼き物としては「萩焼」です。
萩市で毛利輝元が朝鮮の陶工に焼かせたのが始まりです。
粉引系の白濁釉のかかったものが大半で、暖かな肌合い、上品で扱いやすいお茶碗です。
その他にも代表的な焼き物としては「九谷焼」や「砥部焼」、「織部焼」など多くの個性的な焼き物があります。

商品ページに戻る