珍味についての雑学・豆知識

見た目と味にギャップのある珍味

とらふぐ生茶漬け

珍味とは、あまり手に入れる事のできない希少な食材や、見た目と味に大きなギャップのあるもので、珍しい食べ物のことを言います。
これは、地方独特のものが多く、もっと広い視点で言えば、世界中に珍味と呼ばれる食材があります。
珍味は名前にもあるように、珍しい食べ物であるため、地域で消費される事が多く、他の地域の人には理解できない、といったものもたくさんあります。
しかし、独特な味や香り、食感等は一度食べると癖になり、ハマってしまうという人も多いのではないでしょうか。
さて、それでは日本にはどのような珍味があるのでしょうか?
日本三大珍味と言われる食材についてご紹介します。
まずは「塩うに」。簡単に言えばウニの塩辛です。
次に「カラスミ」。これはボラの卵巣の塩漬けです。
最後の1つは「このわた」。これはなまこの腸を塩辛にしたものです。
どれも希少な食材を塩漬けにしたもので、古くから日本で愛され続けています。
日本の場合、各季節に獲れたものを年間を通して食べられるように、ということから保存食の加工がさかんに行われていました。
その中で、塩漬けにしたものが多く作られ、それが現在珍味として各地方に伝わって今も食されている、という訳です。
他にも干物や、ぬか漬けなど、本来保存食として作られていたものが多いのが特徴と言えます。
この珍味、やはり味の濃いものが多く、酒の肴やご飯のお供にとても人気となっています。
特に白い熱々のご飯や、茶漬けに添えて食べるのは、日本人ならではの味わい方と言えるでしょう。
 

世界三大珍味は、トリュフ・キャビア・フォアグラ

珍味というのは、なかなか手に入れることができない珍しいもので、独特の味と個性をもっている食べ物です。
その味を好む人は好みますが、そうでない人には良さがわからないといういわゆる通好みの食べ物のことです。
日本の3大珍味が塩うに、カラスミ、このわたです。
実は世界にも世界3大珍味というものが存在します。
それは、「トリュフ」、「キャビア」、「フォアグラ」です。
この世界3種類の食べ物とは、一体どういったものか見ていきたいと思います。
まずキャビアですが、ロシアのカスピ海でとれるチョウザメの卵です。
キャビアは主にロシアの生産が多いのですが、カスピ海はイランにも面しているのでイラン産のものもあります。
ちょうざめの種類により卵の大きさが異なり、その卵が大きい順にベルーガ、セブルーガ、オシェトラと呼ばれています。
小さい黒い粒のような卵で魚にしては生臭くなく大変滑らかな舌触りで、食事の前菜に向いていて、白ワイン、ウォッカなどと合います。
フォアグラはガチョウにトウモロコシなどを与えて病的に肥大させた肝臓です。
とろけるような濃厚な味で高級食材ですが、あん肝に似ているという人もいます。
そして最後はトリュフです。
トリュフは黒いきのこので、子嚢菌門セイヨウショウロ科の地下生キノコの総称です。
フランスのペリゴール地方にある代表種のチュベル・メラノスポルムは、ペリゴール・トリュフという名で有名です。
表面は黒褐色で独特の強い香りが特徴です。
トリュフは土の下にあり、雌豚がその匂いをかぎ分けるといわれています。

商品ページに戻る