土産についての雑学・豆知識

お土産選びも旅の楽しみのひとつ

とらふぐ生茶漬け

お土産とは、一般的に旅行先で、親戚や友人に配る為に購入するそこの土地にちなんだ品物の事をいいます。
また、知人宅やビジネスでは取引先の会社への訪問時などに持参するものを手土産といったりもします。
一般的には郵送等ではなく、直接手渡しするのが一般的となっています。
土産物に多いのは、その土地の特産品や名物菓子などの食品、またはその地域独特の工芸品等です。
観光地になると、駅前や空港のターミナル等で土産の専門店が軒を連ねる、といったことも珍しくはなく、土産物店ばかりがならぶ商店街があったりもします。
また、旅行会社のツアーの場合、旅のスケジュールに、初めから土産物店での買い物の時間が組み込まれている事も多くなっています。
これも旅行のひとつの楽しみとなっている人も多いのではないでしょうか?
しかし、この「土産」。どう見ても「みやげ」とは読めません。
土産は元々「宮笥」と書き、神社でもらう御札をはる板の事を言いました。
昔、伊勢神宮へ行くのは一般市民にはなかなかできる事ではなく、伊勢神宮へ行く人がいれば、餞別を渡して宮笥を買ってきてもらったのです。
その後、参拝客に土地の特産物等を販売する店ができ、これも「みやげ」と呼ばれるようになりました。
そこから「土産」という文字が当てはめられて使われるようになったのです。
このような経緯で、今では「土産」の文字が残り、もともとの「宮笥」を知っている人は少なくなっているのです。
 

あなたはどんなお土産を選びますか?

お土産には、その土地の特産物がいいですよね。
しかも、喜ばれるもの・・・というと、やはり、その土地の特産の食べ物などではないでしょうか。
食べ物以外のお土産だともらう人の趣味もかなりあり、全く使ってくれないというようなことになりかねません。
もちろん、実用的で使いやすいものであれば喜ばれますが。
そこで、いくつかもらって喜ばれる人気のお土産をご案内します。
まずは、お土産の宝庫、北海道。食べ物がおいしいので沢山のお土産がありそうです。
ここで人気なのがロイズの生チョコレートや六花亭のチョコレート、特に六花亭はなかなか道外で買えないので喜ばれます。
お土産の宝庫といえば、京都もそうですね。
京都の定番といえばなんといっても和菓子です。
八ッ橋、蕎麦ぼうろ、抹茶菓子などが有名。その他にお漬物もとても人気です。
京都の三大漬物といえば、「千枚漬け」、「シバ漬け」、「ふぐき」といわれています。
八つ橋が少し食傷気味という人も多いかもしれませんが、八つ橋はさらに進化しておしゃれなお菓子になっているものもあります。
下関であれば、ふぐが有名なのでふぐにちなんだ食べ物が人気です。
ふぐの生茶漬けなど喜ばれること間違いなしでしょう。
東京では何でしょうか。
まず思いつくのが浅草の雷おこしです。
浅草の定番ですね。他に舟和のいもようかん、東京バナナのクレープなどが有名です。
宮城県であれば牛タン、富山県はますずし、秋田はきりたんぽなど、聞くだけでよだれがでそうな名産物が並びます。お土産として買っていけば必ず喜ばれることでしょう。

商品ページに戻る