佃煮についての雑学・豆知識

砂糖と醤油で甘い味付けに炊き込まれた佃煮

とらふぐ生茶漬け

佃煮は、主に海産物を、砂糖と醤油を使って炊き込み、甘辛い味に仕上げたもので、元々は江戸時代に漁師が、漁に出られない時や、船内食として作って食べていたものです。
稚魚等が大量に獲れ、余ってしまった際に漁民が商品として売り出したことから、一般市民にも広まったとされています。
戦時中には軍用食として佃煮が用いられ、そこから全国に広まっていったと考えられています。
現在でも佃煮は、漬物梅干し同様、日本の食卓には欠かせない副菜となっており、常備してある家庭も多い事でしょう。
当時の佃煮は保存性に優れており、夏場でも常温で保存ができたものが多くありましたが、現在は味付けが薄く、甘口のものが増え、保存性はそれほど高いものではなくなっています。
しかし、様々な材料で作られるようになり、紫蘇風味やごま風味など、味の種類も増え、現在でも多くの佃煮が市場に出回っています。
最近では、牛肉の佃煮や、しめじなどの茸類、生姜やふきなども佃煮にされ、販売されており、贈答品としても人気の商品となっています。
また、佃煮は本来魚や海藻等の海産物が余ってしまった際に、それを利用して作る保存食であったことから、現在でもものが沢山あまってしまう事を「佃煮にするほど」と表現する事があります。
これを逆に捉えて、食材が余ってしまった際には、自分で佃煮をつくってみるのもよいでしょう。
特に湿気てしまった海苔等はそのままでは利用できませんが、佃煮にすればまた美味しく食べる事ができるようになります。
 

徳川家康が江戸で作らせた佃煮

佃煮は甘辛くてご飯がすすむ、ご飯のお供として知られていますよね。
昆布やアサリの佃煮、牛肉などの佃煮が現在も大人気で、その他にも色々な具の佃煮が作られています。
佃煮の具は、今では牛肉など、肉類もありますがかつては主に魚介類が利用されてきました。
主な具は、小魚、アナゴ、カキ、白魚、昆布、あさり、海苔、イナゴなど様々です。
佃煮は元来は保存食として重宝されていて、今は甘辛い味が人気ですが、当時はかなり辛めのものだったようです。
イナゴの佃煮はいまでこそあまり見かけませんが、昔は山間部で多くみられました。
バッタ類であるイナゴの佃煮は山形県の内陸部、長野県、群馬県、福島県など魚介類がとれない山陸部ではかつて定番の佃煮だったといえます。
昆虫の佃煮では、イナゴの外に蜂、ゲンゴロウ、ザザ虫などの佃煮もありました。畑にはイナゴが大量発生する時期があったので、そのイナゴを利用して佃煮を作っていたのです。
今でも特産物としてイナゴの佃煮を手に入れることができます。
佃煮の発祥は、徳川家康が大阪の沿岸エリアで作られていた佃煮をひどく気に入り、大阪の漁民をわざわざ江戸に移住させ、佃煮を造らせたのが発祥といわれています。
この際、徳川家康は大阪からの移住漁民を東京の佃島というところに移民させていましたので、そこから佃煮の名前がついたといわれています。
江戸を訪れた武士たちが自分の故郷に持ち帰り、自分たちの郷土の特産物が佃煮になり、全国に広まっています。

商品ページに戻る