茶碗蒸しについての雑学・豆知識

茶碗蒸しに白子を入れると高級感を出せます

とらふぐ白子

数ある白子料理の中でも、高い人気があり、料理自体との相性も抜群なのが茶碗蒸しです。
特にふぐ白子の場合、他の魚の白子に比べて味が濃厚でありながらも、茶碗蒸しとの相性が非常に良く、調理自体も決して難しいものではないことからも親しまれている料理とも言えます。白子自体を調理するわけではなく、茶碗蒸しの良さを引き立てる役割であることから、白子料理のレシピが分からないという場合でも作りやすいところが魅力的でもあります。
また、ふぐ白子には毒は一切含まれていないため、安心して調理することができます。 ふぐ白子の茶碗蒸しは、料亭などでも多く出される料理の一つであり、高級料理のひとつとしても数えられています。
自身で調理する場合は、茶碗蒸しをいかにおいしく作りつつ、白子との相性をあわせるかと言うことがポイントとなってくるでしょう。
しかし、注意したいのは、白子はそのままでは生臭さが残る場合もありますので、塩やお酒を使って臭みを取る処理を忘れてはいけません。
事前にお酒を入れたお湯で湯通ししておくと言った下処理をしておくだけでも、味は大きく良くなるはずです。
ふぐの白子は他の魚の白子と比べると味が濃く、それでいて他の食材の味を殺さない絶妙な味わいとなっているのが大きな特徴と言えます。
茶碗蒸しとして作る場合においても、茶碗蒸しにさまざまな食材を取り入れ、より豪華に作ってみると言うことにチャレンジしてみてもいいでしょう。
ふぐ白子があるだけで、一般的な料理の一つでもある茶碗蒸しであっても、非常に高級感のある一品となってくれるのです。
 

ご自宅での簡単な調理方法

季節の食材をふんだんに盛り込み蒸しあげて作るのが茶碗蒸し。
魚介類にきのこ、かまぼこ、鶏肉などの食材が主に使われます。
ふぐ料理のコースを楽しむ場合、白子の茶碗蒸しが提供されることもあります。
ふぐの白子は味わい深く取れる量も少ないことから、贅沢に茶碗蒸しの材料に使う白子の茶碗蒸しは他の茶碗蒸しとは一味違う味わいを楽しむことができます。
茶碗蒸しは一見簡単そうに見える料理ですが、蒸し加減や味付けが難しく、奥の深い料理の1つです。蒸す際に“ス”を作らないように蒸しあげていくのも大切です。
白子の茶碗蒸しはふぐ料理専門店で食べることができますが、自宅でも白子を取り寄せることで茶碗蒸しを作ることができます。
作り方は器にしいたけ、かまぼこ、たけのこ、三つ葉に加えてふぐの白子を入れます。
器に入れる前に下ごしらえをしておきましょう。
白子は筋を取り除き、血筋を竹串でまんべんなく突き刺し、水を張った容器に入れて血を出しきることが大切です。
この後に食べやすい大きさに切り分けて茶碗蒸しの具材として器に入れてください。
昆布締めを行なってより深い味を引き出す方法もあります。
器に具材を入れた後、溶き卵にだし汁を加えたものをよくこしながら入れていき、蒸し器で蒸しあげていきます。
これだけで本格的な白子の茶碗蒸しが出来上がります。
高級料亭でしか食べることのできないあの味を自宅で味わえるのは最高の贅沢と言っても過言ではないでしょう。

商品ページに戻る