ふぐ白子の美味しいレシピ

白子焼きや白子豆腐、茶碗蒸し等、様々あります

とらふぐ白子

美味しくいただける時期が冬季から初春までと限られていること、オスからしか取ることが出来ないこと、とれる量自体も決して多いものでもないことから、ふぐの白子は珍味にして、ふぐの中でも最も高級な部位の食材とも言われています。
一般的に流通しているふぐの白子には毒は含まれていないため、安心して食べることができると言うのも魅力的なポイントと言えるでしょう。
他の魚では味わうことの出来ない濃厚な味わいが人気であり、料亭などの懐石料理の定番の一品ともなっています。
ふぐの白子を美味しく食べるには、やはり旬の時期を狙うことです。
ふぐの産卵期は冬季、特に1月から3月までがピークと言われており、その前後においては精巣がまだ大きくなっていない、もしくはピークを過ぎ、徐々に品質が落ちていく傾向にあります。
その為、ピーク時期になると価格も高くなる傾向にありますが、申し分の無い味となるはずです。
ふぐの白子料理は実にさまざまなものがありますが、定番としては「ふぐの白子焼き」「白子豆腐」「白子の茶碗蒸し」などが人気です。
どれもふぐの白子の持つシンプルでありながらも濃厚な味わいを楽しむにはうってつけの料理となっており、調理方法も決して難しいものではありません。
もしもお酒が飲めると言うことであれば、日本酒のお供にと言うのも良いでしょう。
お酒との相性も非常にいいため、美味しく頂き、楽しくお酒を呑むというのもふぐの白子の美味しい味わい方となるはずです。
 

代表的な美味しい食べ方

とらふぐのオスにだけ備わっている白子は濃厚な味わいで、多くの人を魅了してきました。
ふぐ白子の美味しい食べ方の代表的な物を知っておけば、白子初心者の人でも白子料理を楽しむことができるでしょう。
その1つ目は白子の刺し身です。
新鮮なとらふぐの白子は刺し身でも召し上がることができます。
柔らかく濃厚な味わいが生で楽しめるため、本来の白子の旨みを十分に味わえる料理の1つです。
口に入れると白子の食感が五感を刺激し、鼻孔から香りが抜けて行く時に風味を十分に味わうことができます。
ふぐ白子の美味しい食べ方の2つ目は湯引きです。
湯引きとは熱湯にさっと白子をくぐらせてポン酢と薬味で召し上がる方法で、冬の風物詩の1つとして人気があります。
食べやすい大きさに切り分けた白子を湯にくぐらせると、周りが若干硬くなり、中身に旨みが凝縮されます。
湯に白子と通したらすぐにポン酢や薬味を付けて召し上がってください。甘みのある旨みたっぷりの白子を味わえます。
ふぐ白子の美味しい食べ方の3つ目は白子焼きです。
生やボイルで食べるのとはまた違った味わいを楽しむことができます。
作り方は簡単で、新鮮なふぐの白子を水で洗い、しっかりと血抜きをした上で塩をふりかけて網焼きをします。
ホロホロとした食感と、蛋白でしかも濃厚な味わいが特徴で、焼けた周りの皮のサクサク感と、中身の濃厚な味わいの両方を楽しめることから、ふぐ料理が好きなツウに人気があります。

商品ページに戻る