白子焼きについての雑学・豆知識

白子はとても柔らかいので焼きすぎに注意

とらふぐ白子

高級食材のひとつであり、毒があると言うことを差し引いても、多くの方が食べたいと思う食材のひとつがふぐと言われています。
その中でも、オスのふぐしか取ることができず、さらに産卵期となる冬季から初春にかけての時期しかおいしく味わえない、ふぐ白子はふぐの各部位の中でも最も貴重な部位と言われており、高価な食材となっています。多くの方が不安になりがちな毒についても、白子には毒は含まれていないため、安心して食べられるのもポイントのひとつでしょう。
ふぐの白子料理の中でも、シンプルでありながら、さまざまな味を楽しむことが出来る調理方法のひとつが焼くことで、主に「白子焼き」と言う名称で親しまれているものがあります。
作り方は基本的にはふぐの白子を焼き、塩などの調味料で味付けをして、後からネギやレモンをかけるなどが一般的ですが、注意したいのは、白子は非常に柔らかい食材であるため、強く焼きすぎると表面が硬くなり、食感が損なわれてしまうばかりか、網やフライパンなどにベッタリとくっついてしまいがちな点です。
ふぐの白子は新鮮なものである限り、刺身として生でも食べることが出来るものですので、強く焼きすぎないのがコツです。
ふぐの白子は濃厚な味わいでありながら、さまざまな調味料とも相性がよく、特に和風料理に使われるものであれば、そのほとんどと相性がいいものです。
塩焼きであれば簡単に作ることが出来ますが、そこに一手間かけるだけでも、また違った味わいを楽しむことが出来るものですので、白子を焼いた後に、レモンやポン酢、ゆず胡椒、わさびなど、いろいろと工夫をして、旬の味を楽しんでみましょう。
 

身が網にくっつかないように注意

ふぐの白子を焼き上げて食べる料理をふぐの白子焼きとよんでいます。
オスのとらふぐは冬になると交尾の時期を迎え活動が活発になります。
その時にオスの精巣が大きく発達するため冬の味覚の1つとしてグルメの間では人気を得ています。
味わいは濃厚でふぐの旨味であるイノシン酸を豊富に含んでいるのが特徴で、焼いたものにすだちやレモンをかけて召し上がるのが美味しい食べ方です。
ふぐの白子焼きの作り方は至って簡単です。
まずふぐの白子の表面なる筋の部分を取り除きます。
白子の表面には細い血管が見えますがこの部分を竹串や金串でこまめに刺していきます。
この作業を行った後、水を張ったボウルに白子を入れます。
この時に手で白子を押しながら血を抜いていくのがポイントです。
十分に血が抜けたことが確認できたら布で水分を取り除きます。
白子の表面全体にまんべんなく塩をふりかけ、ロースターなどで焼き上げていきます。
焦げ目がついてきたら裏返し、両方をしっかり焼きあげるのがコツです。
焼きあがった白子は熱いうちにレモンやすだちをかけてお召し上がりください。
好みの器に盛りつけ、きりりと冷やした日本酒と合うためふぐの白子焼きは酒の肴としても人気があります。
焼く際の注意点は焦げ目がつく程度まで身崩れを起こさないように丁寧に焼き上げることです。
身がボイルの際に網にくっついてしまうことがないようにするためにホイルを引いてその上で焼く方法もあります。

商品ページに戻る