湯引きについての雑学・豆知識

シンプルで簡単にふぐの白子を楽しむ方法

とらふぐ白子

ふぐの白子料理の中でも、調理が非常に簡単でありながら、シンプルに楽しむことが出来る料理が白子の湯引きです。
元来からのふぐの白子特有の濃厚な味わいをそのまま楽しむのもいいですが、やはりネギやもみじおろしなどの薬味を加え、ポン酢などと一緒に味わうと言うのが一般的です。
ふぐの白子の湯引き方法として多く用いられるのが、ただお湯を用意してそのままゆでるのではなく、臭みを取るために少量のお酒を入れます。
これにより、魚料理にありがちな特有生臭さがなくなり、食べやすくなるものです。
また、湯引きするタイミングも十分注意しましょう。
刺身でも食べられる食材のため、生に近い状態になってしまっても食べること自体はできるものですが、やはりせっかくの高級食材でもあるため、より美味しい方法を考えたいものです。
タイミングとしては、白子がお湯に投入される前よりもふっくらし、全体的に半透明になってきたあたりが食べごろです。
それ以上になると、白子は表面から溶け出してしまい、食感も悪くなってしまいます。
半生が好みと言う場合は、白子をお湯に投入してから、一般的な白子の湯引き時間よりも早めに引くのがいいでしょう。
その後、冷水で洗い、薬味を用意して盛り付ければ完成です。
また、ふぐの白子の湯引きは、湯引き時間によって食感が大きく変わりやすいため、シンプルで簡単な量ではあるものの、適切なタイミングがなかなか分かりづらいものでもあります。
調理の際は常に白子の様子を観察し、一番美味しいと思うタイミングですぐに引きましょう。
熱が通りやすい食材でもあるので、素早い処理も大切です。
 

自宅で湯引きする際の注意点

ふぐの白子の食べ方に白子の湯引きがあります。
手軽に楽しむことのできる湯引きは、白子の旨みを十分に味わえる料理として人気があります。
ふぐの白子は刺し身でも食べられることから、湯引きをすることで旨みを閉じ込め、それをすぐにいただくことで味を堪能することできます。
美味しく召し上がっていただくために、料理人は下ごしらえを行ない、残った血や筋を取り除き雑味のない状態で提供する工夫をしているのです。
白子の湯引きは料亭でしか味わえない高級料理として、かつてはごく少数の人の口にしか入らなかったものですが、今は家庭でも食べることができるようになりました。
手軽に食べることができるようになった理由は、ネット通販の発達です。
産地より直送できるネット通販であれば、白子の季節に新鮮な素材を直送することが可能です。
しかも仲介業者や店舗などを一切挟まず、その分の人件費を大幅に削減することができることから卸売価格と変わらない安価な値段で手に入れることができます。
自宅での白子の湯引を作る際の材料は、ポン酢、ネギ、もみじおろしです。
鍋に湯を沸かし、白子を湯にくぐらせます。
湯に通す時間はそれほど長くする必要はありません。
一口大に切った白子を箸で取り、湯の中に軽く通すだけです。
手軽で簡単に料亭の味わいが楽しめるのが白子の湯引きの良い所です。
熱燗や焼酎のお湯割ともよく合うため、酒の肴としても美味しく召し上がることができます。

商品ページに戻る