ふぐ白子についての雑学・豆知識

ふぐの中でも最も貴重な部位

とらふぐ白子

ふぐ白子とは、ふぐの精巣部分のことで、オスの河豚からしか取ることが出来ず、さらに1匹から取れる量が限られていることから、ふぐの中でも最も貴重な部位とも言われています。
ふぐの白子を調理した料理は高級料理の一つであり、主に料亭での懐石料理などとしても振舞われることが多くなっています。
特に産卵期となる1月から3月にかけての時期が最もおいしいと言われており、季節になると価格も上がり、なかなか口にすることも難しくなるでしょう。
ふぐの白子料理は白子焼き白子豆腐、白子から揚げなどが代表的ですが、素材の味をそのままに、湯引きした白子をポン酢で食べると言ったレシピもあります。
ふぐ白子には、ふぐの特徴でもあり、恐れられているものとして挙げられる毒もないため、安心していただけるのもうれしいポイントと言えるでしょう。
ちなみに、メスのふぐの卵巣には毒が含まれているため、食することが出来ません。
オスのふぐの精巣のみが白子として味わうことができるのです。
ふぐの白子は地方によってレシピにも違いがあることも多く、一般的な調理方法から、地方特有の変わったレシピまで、幅広い物となっています。
調理の困難な食材と言う訳でもなく、素材の味をそのままに、簡単な調理で楽しめる方法から、懐石風に作ってみるのも良し、さまざまな食材との相性も抜群なため、鍋物の具材としても、オリジナルレシピの考案においても、意外と扱いやすい食材のひとつとも言えます。
 

冬の味覚としても人気

ふぐの精巣のことを白子とよび美味な料理として人気があります。
たらの白子も濃厚な味わいから珍重されますが、ふぐ白子は味わい、風味ともに他の白子とは比較にならない旨さを持っています。
白子は冬が近づくと成長し大きくなることから、冬の味覚としても人気を誇っています。
下関では冬の時期になると白子を提供するふぐ専門店が人気を呼び、大阪でも白子料理は根強い人気があります。
ふぐ白子は一匹のふぐから取れる量が少なく、しかもオスのふぐに限定されるため流通量が少ないのが特徴です。
また冬の時期にしか成長しないことから、高価になり庶民ではなかなか手が届きにくい食材の一つと言われています。
調理法は湯通しした白子をもみじおろしとポン酢で食べる湯引きや、そのまま白子を焼いたり天ぷらや唐揚げなどの揚げ物にしたりする方法があり、独特の触感と味わいを楽しむことができます。
ふぐ白子は手に入りにくい食材ですが、ネット通販を利用して入手することができるようになりました。
価格も専門店で食べる値段に比べて安く、自宅で湯引きや白子焼きなどを楽しむことができます。
また美味しい食べ方のレシピはインターネット上でも複数公開されており、冬の味覚として一般家庭でも楽しむことができるようになったのは嬉しい限りです。
事前予約などのサービスを利用すれば、ふぐ白子を安全にまた確実に手に入れることができます。
発送はクール便の利用で鮮度を保ったまま直送されます。

商品ページに戻る