お取り寄せ通販専門店
ふるさと産直村®

ご当地グルメを産地直送でお届けするお取り寄せ通販サイト

美人すぎる書道家として人気を博している涼風花さん

涼風花

「美人すぎる書道家」として人気を博している書道家、涼風花さん。インターネットで話題を集めるようになり、次第に人気が向上、その後書籍や彼女がデザインした製品なども販売されるようになり、書道家の枠を超えて広く知られるようになっています。

そんな涼風花さんは1985年生まれで、血液型はB型。書道というどちらかといえば地味な印象の分野において華やかなイメージをもたらす存在として業界でも注目されており、書道の普及・発展への貢献も期待されています。

書道家としてのイメージが確立しているわけですが、じつは彼女にはさまざまな経歴・過去があります。まず歯科衛生士として働いていた過去。歯科衛生士といえば安定した就業環境が期待できる職業としても有名ですが、それを辞めて書道家として活動するようになったのです。

もうひとつはもっと意外、かつてレースクイーンとして活躍していた過去もあります。もともと華やかな世界で活躍していたからこそ、「美人すぎる書道家」とのイメージもピッタリとくるのでしょう。もちろん、現在ではこうした過去をアピールすることなく、書道家としての面のみで活躍しています。

テレビをはじめとしたさまざまなメディアへの露出ももちろんのこと、さまざまな分野での活躍が目立つようになっている彼女。冒頭にも書いたように、彼女がデザインした製品なども登場しています。たとえ「国産とらふぐ刺し」。ふぐ刺しと書道では関係がないように思えますが、表面に彼女の手による「咲」という文字があしらわれています。これからも幅広い分野において活躍していくことでしょう。

近年よく見かける「美人すぎる○○」という言葉

近年、「美人すぎる○○」という言葉をよく見かけるようになっています。特定の職業の中でとくに美人の人を指して使われるもので、この表現がきっかけでメディアで広く取り上げられるケースも見られます。

そもそもこの「美人すぎる○○」は2007年~8年ころからネット上で使用されるようになりました。2ちゃんねるのVIP板で生まれた言葉とも言われており、さまざまな分野で活躍する女性を紹介する際に使用されるようになりました。

しかしどうして「美人すぎる○○」がここまで注目を集め、広く使用されるようになったのでしょうか。その背景には職業に関する一種の偏見が見て取れます。世の中では伝統的に「美しい女性」と「能力のある女性」を分けて考える風潮があります。言ってしまえば美しい女性には中身がなく、能力のある女性は容姿に恵まれない、というイメージです。とくに専門的な分野になればなるほどそのイメージが強くなるのです。そこにこうした概念を打ち破るような女性が現れると「こんな女性がいるはずがない」といった意味もこめて「美人すぎる○○」という表現が使われるのでしょう。

ただ、最近ではあまりに安直にこのフレーズが使用されている傾向も見られます。本当に「美人すぎる」のか、それとも単に美人な人を取り上げているだけなのか。その見極めも重要になりそうです。その点、「美人すぎる書道家」として人気の涼風花さんは日本書道師範の資格を取得しているなどの本格派。外見だけに終わらない本質も持ち合わせている人です。

書道家としての活動は人により様々

涼風花さんが「美人すぎる書道家」として広く知られるようになったことで、書道家そのものへの関心も高まっています。書道家といえば書道をたしなむ人、というのは誰でもわかりますが、その実態はほとんど知られていません。

たとえば柔道家といえば柔道選手として活躍するか、教育者として柔道の指導に当たる人のことを言います。また画家といえば絵を描いて生計を立てている人のことです。では書道家はどうなのでしょうか。書道の大会はあまり話題になりませんし、書道だけで生計を立てていくことができるのか、という疑問もあります。そもそもどうやって書道家になるのかもよくわからないというのが実際のところでしょう。

書道家とは簡単に言えば指導者として弟子の育成にあたり、彼らから受け取る指導料などで収入を得ている人のことです。また、展覧会などに出展するのももちろん重要な仕事のひとつ。こうした機会で広く名を売り、弟子をたくさん集めて地位を固めていくのです。涼風花さんの場合はそれに加えて書籍の出版やメディアへの露出によって収入を得ていることになります。こうした活動も「書道家」の看板で行っている以上、書道家としての収入となります。

では書道家になるためにはどうすればよいのでしょうか。基本的には有名な書道家、あるいは自分が憧れている書道家の弟子となって腕を磨いていくことになります。基本的にはどの書道家も特定の流派に属しており、独特の縦割り社会の中で自らの地位を築いていくことになるのです。いずれは師匠のお墨付きを受けて独立し、自らの手で弟子を育てていくことになります。

書道の専門家としての力量が証明される資格

涼風花さんといえば「美人すぎる書道家」として知られ、書道家として、あるいはタレントとして幅広く活躍している人です。この人は単に書道が好き、あるいは美人というだけではなく、日本書道師範という書道の資格も持っています。この資格は誰でも簡単に取得できるというわけではなく、その名称からもわかるように師範として書道の教育にも携わることができる非常に重要なものとなっています。

美人すぎるため、どうしても「外見だけなんじゃないか」という批判の声も上がっているわけですが、涼風花さんは決してそのようなレベルの書道家ではないことを立証するためにも日本書道師範の資格についてもう少し知っておきましょう。

この資格を取得するためにはさまざまな過程をクリアする必要があります。まずは基本的な腕の動きや簡単なかな文字を書くレベルからはじまり、その後行書、写経、さらに楷書、中国の書や写経へと進んでいきます。基礎の段階を越えるとより専門的な分野で腕を磨いていくことになり、最終的に実技と理論の両方を兼ね備えていることを認められた段階で日本書道師範になることができます。当然、1日や2日で取得できるものではないことはもちろん、師範試験を受け、それにクリアしなければなりません。書道史や書論に関する知識も求められるため、まさに書道の専門家としての力量が証明されることになります。

これらを見るだけでも涼風花さんが単に話題だけの人、外見だけの人ではないことがわかります。これからもこれまで書道に興味を持っていなかった人に書道をアピールするだけでなく、書道を嗜んでいる人がより楽しみながら学べるさまざまな機会を提供してくれることでしょう。

書道とは簡単に言えば中国を起源とした造形芸術のひとつ

江田めぐみの名前でタレント活動も行っていた「美人すぎる書道家」涼風花さんの活躍によって一躍注目を集めるようになっている書道。小学生の頃に書初めをした経験を思い出す人も多いでしょう。また、習っていた人もいるはずです。ただ、大人になっても続ける、あるいは師範になるといった人は少ないのではないでしょうか。涼風花さんは単にきれいなだけでなく、日本書道師範の資格を取得している「本格派」としての面も大きな魅力となっています。

彼女の存在によって書道に注目が集まるようになった反面、「そもそも書道とはなんなのか」という疑問の声も聞かれるようになっています。もちろん、筆で半紙に字を書くこと、ということくらいは誰でも知っています。しかしなぜ「たかが」書くことをそんなに重視するのか、また芸術や芸能として高く評価されているのかといった書道の真髄を把握している人は少ないはずです。

書道とは簡単に言えば中国を起源とした造形芸術のひとつです。本来意味を伝えるためのツールである文字に美学を求め、その美しさを極限まで追求したジャンルといってよいでしょう。大きな特徴としては精神面が問われること。つまり外見の美しさだけでなく、書く人の精神性、あるいは文字に込められた思いなどが評価されるのです。逆に言えば書道で書く文字には本人の精神性がにじみでてしまい、隠すことができないのです。どんなに技術だけを磨いても評価されないのもそのためです。

この点から見ても涼風花さんが書道師範の資格を取得していることがいかに大きな意味を持っているかがわかるでしょう。美しい外見だけでなく、書道に必要な精神性も持ち合わせている女性なのです。

習字とは文字通り字を習うこと

初心者、あるいは素人にとってわかりづらいのが「書道」と「習字」の違い。というより初心者のレベルではこの2つの区別はほとんどつけられていないといってもよいでしょう。どちらも文字を書くことを学ぶ点、そして筆で文字を書く点において共通しています。そうなるとどこが違うのか判断するほうが難しいと感じるのも無理のないことです。

では習字と書道では何が違うのでしょうか。それを知るためにはそれぞれの本質を知っておく必要があります。習字とは文字通り「字を習うこと」。基本的には「きれいな、美しい」文字を学ぶことに重点が置かれます。字がうまいと高く評価されますし、逆に下手だとその人の教養そのものを疑われてしまいます。美しく整った文字を書けることで1人の人間として評価されるきっかけを得ることができるわけです。

一方書道は「書を極める」ことに重点が置かれます。表面的な美しさだけでなく、本人の精神性も含めた総合的な評価が求められるのです。ただ技術だけに優れた字では評価されず、力強さや太さ、流麗さなど細かな点が求められることになります。よく「書道の字は何が書いてあるのかわからない」と言う人もいますが、それも単に字をきれいに書くだけでなく、美術としての美しさを追及している面によるものです。また、読みづらいのは隷書や行書、草書といったさまざまな書体の漢字を使用しているためで、漢字に関する知識や教養も求められるのも書道の特徴であり、奥深さでもあります。

これらの特徴を見れば違いもおのずから見えてきます。習字は実用性、書道は表現性を重視した分野ともいえるでしょうか。

書道では楷書、行書、草書、隷書の5種類が用いられます

書道といえば漢字。漢字をいかに美しく書けるかにかかっているといっても過言ではありません。また、表意文字である漢字は非常に奥の深い文字で、たった一文字でさまざまな理念や精神を表現することもできます。書道が単に美しく文字を書くだけでなく、その人の精神性を問う分野と言われるのも漢字独特の特徴が大きく関わっています。

その漢字には書体というものがあります。「フォント」といった方がわかりやすいでしょうか。書道は手書きで書く点に最大の特徴が見られますから、どのような書体で書くかが最初の大きなポイントとなるわけです。中国で誕生し、発展した漢字はすでに4000年以上もの歴史がありますが、その過程でさまざまなスタイル、書体を生み出してきました。現在、書道では楷書、行書、草書、隷書の5種類が用いられています。

もっとも「堅苦しい」印象を与えるのが隷書。もっともレベルが高い書体でもあります。すでに中国の殷の時代から使用されていたといいます。それから草書。漢字が広く普及していく過程でよりわかりやすく「崩れた」書体で、後漢の時代に誕生したと言います。現在書道の初心者が見て「読めない」と感じる漢字の多くはこの草書です。

それから行書。独特の崩し方と美しいラインが特徴の書体で、書道でもよく用いられています。この文字をうまく書けるかどうかで書道のレベルを判断することも出来ます。そしてわたしたちが広く使用しているのが楷書。読みやすく、均整の取れた字体が特徴的。日本では明治時代に正式に学校教育の基準となる漢字として採用されました。

こうした種類を踏まえ、表現を磨くために少しずつ研鑽を踏んでいくのが書道なのです。

年賀状は毎年悩みますよね

毎年11月に入る頃から年賀状の宣伝があちこちで行われるようになります。早めに印刷の依頼をすれば大幅に割引きが適用されるといった広告を目にする機会も多くなります。今年の年賀状は誰に出そう、どんな内容にしようと悩み始める時期でもあります。

最近ではインターネットの普及もあり、年賀状のテンプレートが販売されるようになっています。インターネット上からダウンロードしたり、注文して印刷してもらったり。自分ではとても作れないような美しく魅力溢れるデザインや個性的なデザインが数多く用意されています。

そんな中、女流書道家の年賀状も見つけることができます。年賀状に1年を象徴する、あるいは願いを込めた漢字をあしらう人も多いでしょう、人気書道家の字なら格調高く、しかもセンスのよい年賀状になること間違いなし。そんな書道家がデザインした年賀状も多数販売されているのです。

とくに注目を集めているのが「美人すぎる書道家」として人気の涼風花さんの年賀状。華やかな容姿で注目を集めている方ですが、この人の年賀状は流麗な美しい書のラインが特徴的なものとなっており、一部でアイドル扱いされているような浮ついたイメージはまったくなく重厚感溢れる出来栄えです。年齢を問わず幅広い世代の年賀状として役立てることができるでしょう。年賀状を通しての相手との話題づくりにもよいかもしれません。ネット上から注文することが出来ますから、チェックしてみるとよいのではないでしょうか。

テレビや舞台等でも活躍する涼風花さん

「美人すぎる書道家」として一躍注目を集めるようになった涼風花さん。書道家のイメージを覆す華やかで美しい容姿が大きな魅力なのですが、この方はじつは江田めぐみという名称で芸能人としての活動も行っています。かつてはレースクイーンも行っており一部の人たちの間で知られていましたが、現在では広く女優・タレントとしての活動を行っています。「美人すぎる書道家」としての活動も女優・タレント活動と一部かぶっているといってもよいでしょう。

女優として活躍する機会も増えてきており、テレビはもちろん、舞台などでの仕事も行っています。また、栃木県日光が出身地ということもあり、日光の観光大使にも任命されています。

そんな書道家涼風花さんにして女優・タレントの江田めぐみさんはどのような人なのでしょうか。歯科衛生士の資格も持っていることも知られていますが、ご本人は自らの長所に「負けず嫌いで最後まで頑張る」を挙げています。歯科衛生士はそう簡単に取得できる資格ではないことを考えても納得のできる長所でしょう。中学生で日本書道師範の資格を取得した点も頷ける話です。女優・タレントとしても持ち前の頑張りでいろいろな仕事をこなしているのでしょう。なお、短所には「悪く言えばしつこい」と挙げられています。長所と紙一重の部分でしょうか。

趣味は映画鑑賞やパラグライダー、家に帰って耳掻きをする習慣があるといった面も持ち合わせている涼風花さん。これからも書道家として、女優・タレントとして活躍していくことでしょう。両方の面の充実ぶりを期待したいところです。

日光観光大使に任命されている涼風花さん

「美人すぎる書道家」として有名な涼風花さんは栃木県日光出身です。女優・タレントとして芸能活動を行う傍ら書道家としても積極的な活動を行っています。この方の活躍によって書道家、ひいては書道への世間の注目が大いに高まっているわけですが、その功績が評価されてか、出身地日光の観光大使にも任命されています。

日光の観光大使には2010年に任命されており、当時彼女はブログで「日光の家族に報告しなければ」と喜びを語っていました。

そもそも観光大使とは観光地の振興、観光客の誘致のために広報活動を行う人のことで、芸能人など地元出身の有名人が任命されるケースが多く見られます。簡単に言えば広報活動における看板。顔役としての役割が求められているわけで、よい意味でもマスコット的存在となります。逆に言えば多くの人が観光大使からその観光地をイメージするようになることから、単なるマスコットに留まらない重い責任が求められることになります。

つまり、涼風花さんは観光大使に任命されることで名実ともに日光の「顔」となったわけです。彼女にとってはまさに故郷に錦を飾るような思いでしょう。なお、任命された2010年10月には早速日光で行われたライトアップイベントに出演、観光大使としての役割を果たしています。その後もさまざまな形で観光地日光の振興に努めており、本業とともに今後の活動と活躍に期待が集まっています。書道家としてさらなる精進が期待されている今、ますます目が離せない状況といえそうです。

一時期、歯科衛生士として働いていた涼風花さん

書道家として、さらにタレントとして活動している涼風花さん。ネットで「美人すぎる書道家」として話題を集めるようになりましたが、現在では書籍も発売するなど幅広い活動を見せています。

そんな彼女にはもうひとつ、歯科衛生士の資格を持っているという面もあります。一時期歯科衛生士として働いていたこともあるそうです。何か資格を取っておいたほうがいいと思ったので取得したそうですが、この点からも彼女の知的な一面を見て取ることができます。3年間で頑張って勉強して取得したそうです。

現在では歯科衛生士を辞め、書道家をメインに活動しているのですが、ではなぜせっかく資格を取得してついた仕事をやめてしまったのでしょうか。とあるインタビューでその理由について質問されていましたが、「ここでは書けない」理由として公表されていません。ただ、「想像している通りだと思う」と述べており、セクハラなどの閉鎖的な環境ならではの理由が想像できます。この点「美人すぎる」のがかえってマイナスになったのかもしれません。もちろん、想像なのではっきりとしたことはいえませんが。

このように、タレントにして書道家という華やかなイメージが強い涼風花さんですが、実際には影で努力したり、その努力が報われずに苦労したりといろいろな経験をしていることがわかります。書道は単に技術だけでなく心が大事といわれていますが、彼女が書道家として注目されているの理由には美しい外見だけでなく、大事な「心」が宿っているからなのかもしれません。

レースクイーンとして活躍していた江田めぐみさん

「美人すぎる書道家」として多方面で活躍している涼風花さん。日本書道師範の資格を取得している本格的な書道家としてはもちろん、歯科衛生士の資格を取得していることでも有名ですが、さらに「江田めぐみ」の名称でタレント活動も行っています。この事実が広く知られたときにはあちこちで驚きの声が上がったものでした。現在でも書道家としての面と、女優・タレントとしての面を両立させる形で活動を行っています。

涼風花さんとして活動する場合には外見はもちろんのこと、書道家しての面が表に出るわけですが、江田めぐみさんとして活動する場合には当然外見が大きなポイントとなってきます。では基本的なプロフィールを見てみましょう。誕生日は1985年10月12日生まれのてんびん座。血液型はB型。身長は161センチ、スリーサイズはバスト83、ウエスト58、ヒップ80。

ファンの間ではレースクイーンとして活躍していた点が注目されています。レース場でのセクシーやレースクイーン姿をした彼女の画像をネット上に見かけることができます。スリーサイズの通り、メリハリの利いた美しいスタイルをしており、書道家として和服を着ているのがもったいなく思えるほど。

もうひとつ、趣味についても挙げておきましょう。書道と歯科衛生士の資格があれば十分だろうとも思いますが、パラグライダーを趣味にしているという意外な面もあります。書道の落ち着いたイメージと江田めぐみとしての活動的な面のギャップもまた彼女の魅力の一面といえるのではないでしょうか。

2016-11-14作成/2018-9-25更新]

~ 関連リンク<links> ~