お取り寄せ通販専門店
ふるさと産直村®

ご当地グルメを産地直送でお届けするお取り寄せ通販サイト

タラバガニの美味しい食べ方をマスターしましょう

タラバガニ通販

焼きガニやカニ鍋、しゃぶしゃぶやコロッケはいかがですか?

タラバガニがお手元に届いた場合はみなさんどのように食べられていますか?
タラバガニの美味しい食べ方をマスターすることで、毎年のお取り寄せや暮れのご挨拶にいただいた際のバリエーションが広がります。
タラバガニの美味しい食べ方として一番先にあげられるのが、塩茹で後、そのままシンプルにいただく方法。
蟹のうまみをしっかり感じることができますし、ぷりぷりの蟹肉の食感をダイレクトに味わえます。
焼きガニは香ばしさも一緒に酒のお伴に最適です。
タラバの脚は食べ応えたっぷりです。
カニ鍋では、だし汁を吸った蟹肉がまた違った味わいを見せてくれます。
締めのカニ雑炊などもオツなものです。
鮮度の良いタラバガニの場合、刺身やしゃぶしゃぶなどもおススメなのだそうです。
刺身と言ってもさっとお湯にくぐらせてから半生の状態でいただくのがベター。
しゃぶしゃぶは蟹の甘みをしっかり楽しめます。
タラバガニを食べてみてあまりの多さに蟹肉が残って食べきれなくなってしまったということもあるようです。
ボイルカニは茹で上げ日から2日間程度が美味しく食べられる時間です。
それを過ぎてしまった時は、火を通して食べましょう。
ほぐし身を作り、レモン汁をかけておくと変色を防ぐことができます。
チャーハンやスープの具として使うと、豪華で華やかな食卓を飾れます。
カニグラタンやクリームコロッケなども簡単に作ることができるのでおススメですよ。
タラバガニの美味しい食べ方はこのほかにもたくさんあります。
インターネットの料理検索サイトや情報サイト等を参考にして美味しい食卓を囲んでくださいね。

全体的に肉厚で身がたくさん詰まっています

日本人にとって海産物は馴染みの深い食材ですが、中でもおいしくて人気が高いのがカニではないでしょうか。
カニにも色々な種類がありますが、タラバガニは全体的に体が大きくて肉厚で、身がたくさん詰まっていますし、甘みもあっておいしいので特に人気が高いです。
せっかく食べるのであれば、タラバガニの美味しい食べ方を知っておくと良いです。
タラバガニの美味しい食べ方として大事になってくることは、購入した後の保存方法や解凍方法、さらにはボイルの方法などです。
このうち一つでも誤ったやり方ですと、鮮度を急激に落としてしまったり、旨み成分を逃がしてしまって味がかなり落ちてしまいます。
鮮魚店などのお店やネットショップで購入したタラバガニの美味しい食べ方は、食べる日から逆算して冷蔵庫にいれ、1日から1日半かけてゆっくり解凍することがポイントです。
しばらく食べない時は、冷凍庫で冷凍状態のまま保存しておきましょう。
次に解凍したタラバガニをボイルしますが、大きさによってやや茹でる時間が異なります。
通常は20分程で十分ですが、4キロほどの重量がありけっこう大きい場合には、25分程度かけてじっくり茹でます。
茹でる時は、蟹味噌が脚に流れていかないように甲羅を下にすることもポイントです。
茹で上がったらそのまま食べても良いですし、殻をむいてフライにしたり、サラダに添えたりと色々な食べ方があります。
みそ汁の具にしたり蟹ごはんやチラシの具にしても風味を活かしておいしく食べられます。

2016-11-14作成/2018-11-22更新]

北海道ヤマタ全商品はこちら

~ 関連リンク<links> ~