お取り寄せ通販専門店
ふるさと産直村®

ご当地グルメを産地直送でお届けするお取り寄せ通販サイト

蟹の捌き方をご存じですか?

ズワイガニ通販

美味しい蟹の捌き方を伝授します

蟹の捌き方を知りたいという方も多いようです。
蟹は硬い甲羅と殻に覆われていますので、上手く捌くことができないと、無駄なく蟹の身を食べることができません。
ご家庭でも簡単にできますので覚えておかれるとよいでしょう。
まずは茹であがった蟹の背を下に向け、腹にあるふんどしを根元からもぎ取ります。
ふんどしをもぎ取った部分に親指をさし込み甲羅をゆっくり外します。
カニみそがあふれないように注意しましょう。
甲羅を外したら、お腹にある味噌もスプーンで丁寧に皿に取ります。
甲羅を外した本体にあるエラは食べられませんので外しましょう。
次は中心に包丁を当てて左右の身を分けます。
脚と脚の間の肩肉の殻に包丁を入れ脚を切り離します。
このようにすることで食べにくい肩肉も食べやすくなります。
脚と肩肉は邪魔であれば切り離しましょう。
脚をすべて切り離したら、蟹フォークと万能ばさみ、良く切れる包丁などを用意して身を殻から食べられるように外していきます。
脚肉は関節部分に包丁やハサミで入れ切り目を入れた後軽く折り曲げると身のみが残り殻が外れます。
万能ばさみでハサミの固い殻を割る方法もあります。
蟹フォークは、肩肉の細かい部分や、脚肉の取りきれなかった部分をすくい出すのに便利です。
丁寧に捌くことで食べやすさが格段に変わります。
贈答品やお取り寄せ品の場合、蟹の捌き方のチラシが添付されていることもあります。
また、動画サイトでも蟹の捌き方を閲覧することができますので、初めてでも簡単に捌くことができるでしょう。
ただし、捌く時には手の怪我に注意します。
必要な場合は厚手の軍手をはめる等の対策を取りましょう。

茹でると殻が鮮やかか赤色に

蟹を解凍してボイルも上手くできたら、あと一歩でおいしい蟹にありつくことができます。
最後は蟹を無駄なく食べることができるように、蟹の捌き方にも注意を払わなくてはなりません。
蟹の捌き方を知らないと、せっかくの蟹の身を無駄にしてしまったり、胴体の部分の身や蟹味噌を無駄に処分してしまうことにもなりかねません。
蟹の捌き方をしっかりと覚えておくと、蟹を贈り物としていただいたり、正月などに家族のために購入した際に役立ちます。
蟹を捌く際は、まずはじめに道具をすべてそろえます。
まな板、キッチンハサミや包丁、軍手などの手袋を用意してください。
蟹には鋭いトゲがあり、素手で捌くとトゲが刺さって怪我をする場合もありますので、軍手などの手袋をした方が良いのです。
自然解凍している最中の蟹を冷蔵庫から出して、完全解凍の1歩手前の状態で捌きます。
蟹の甲羅を下にして頭とは逆の下の部分の三角形の形をした「ふんどし」といわれるところを切り取ります。
そして切り取ってできた穴にハサミを入れて腹の真ん中から切ります。
包丁の場合は、腹の真ん中を上から割いてください。
腹を割ったら、かに味噌が甲羅にうまく落ちるようにします。
かに味噌が落ちたら脚を胴体との根元付近にある関節から切り取ります。
これで、切り取った脚とかに味噌がのった甲羅、2つに割れた胴体になりました。
胴体に付いているエラを切り取って胴体を縦に割れば食べやすいように蟹を捌いたことになります。
あとは、脚にハサミを入れておくと食べやすくなります。

2016-11-14作成/2018-11-22更新]

北海道ヤマタ全商品はこちら

~ 関連リンク<links> ~