お取り寄せ通販専門店
ふるさと産直村®

ご当地グルメを産地直送でお届けするお取り寄せ通販サイト

博多にはもつ鍋のルーツがあります

もつ鍋通販

博多で生まれたもつ鍋

もつ鍋は今では、日本全国で手軽に食べられるようになってきています。
冬場の寒い時期に食べることで、体をしんから温めたいという人も多いのではないでしょうか?
このもつ鍋のルーツは、福岡・博多にあるといわれています。
終戦後間もないころに、博多の方でアルミ鍋を使ってホルモンをたいていたところから発展していったといわれています。
現在のもつ鍋は、純粋な鍋料理として提供されていることが多いでしょう。
しかし最初のうちは、鉄鍋風の料理で、現在でいうところのすきやきに近いようなメニューだったといわれています。
このようなすき焼き風のもつ鍋を食べられるようなお店が、博多には今でもあります。
本場のルーツに近いもつ鍋を食べてみたい人は、博多に一度訪れてみていはいかがでしょうか?
もつ鍋のいいところは、ヘルシー料理でもあるところです。
もつ鍋は高タンパクで低カロリーな料理として知られています。
牛ホルモンと野菜を煮て食べる料理になります。
もつ鍋といわれているので、ホルモンがメインの料理とイメージしている人も多いでしょう。
しかしホルモンはあくまでも野菜のサポート役に過ぎず、野菜がメインの鍋料理になります。
野菜をたくさん摂取できるので、非常にヘルシーなわけです。
またコラーゲンやビタミン、ミネラルも豊富に含まれているので、健康以外にも美容に高い効果が期待できます。
このため、福岡の方では「医者いらず」というニックネームまで持っている料理なのです。

名物料理は本場で味わう

博多がルーツのもつ鍋ですが、今では日本全国にお店が出展されています。
しかしせっかくですから、本場の博多のもつ鍋を味わってみるといいでしょう。
旅行や出張の時に福岡に行く機会があれば、ぜひとも食べてもらいたいものです。
福岡出身の人が、ほかの地域でもつ鍋を食べると、少し味が違うと感じることが多いようです。
このようなところを見ても、名物料理は本場で食べるのに限るといえますね。
博多のもつ鍋のトレンドを見てみると、スープの種類は大きく2種類に分類されるようです。
そもそも博多のもつ鍋は、みそ仕立てのスープを使うのが主流でした。
しかし最近では、博多のもつ鍋店でもしょうゆスープを使ったもつ鍋を提供するところも出てきているようです。
もつ鍋というと、冬場の寒い時期に食べるものというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか?
しかし博多の方を見てみると、夏場の暑い時期に食べている人も少なくありません。
ニラやニンニクといった、スタミナ増強に効果のある食材もふんだんに使われています。
そこで、夏バテ予防や解消のために、汗をかきながらもつ鍋を食べるケースも少なくありません。
最近では、もつ鍋の一式セットになっている商品を通販サイトで販売しているケースもあります。
博多の有名もつ鍋店で作っている味を、通販で再現していることもあります。
インターネットなどを使って簡単に注文できるので、興味のある人はチェックしてみるのはいかがでしょうか?

2016-11-14作成/2018-11-22更新]

とんちゃん全商品はこちら

~ 関連リンク<links> ~