ひつまぶしの美味しい食べ方

ひつまぶしの美味しいお召し上がり方

ひつまぶし

うなぎ割烹「一愼」ひつまぶしのお召し上がり方

① 商品を取り出し、包装(真空パック)のまま、熱湯で5~6分程度、煮沸して下さい。
② また同時に吸い地(だし)も、包装(真空パック)のまま熱湯で温めておいて下さい。
③ 炊きあがったご飯をお櫃などに入れ、刻みうなぎをのせて、蒲焼きのたれをかけて下さい。
④ お櫃に入ったまま、しゃもじで5~6回程かきまぜます。うなぎの身が崩れないよう、軽くかきまぜるのがコツです。
⑤ 一膳目は、お椀によそってそのままお召し上がり下さい。
⑥ 二膳目は、同封されている薬味(のり・わさび)を混ぜてお召し上がり下さい。(細ネギ、ごま等も加えていただけると、より一層美味しくいただけます。)
⑦ 三膳目には、同封の吸い地(だし)をかけて、うな茶としてお召し上がり下さい。
 

「浅草うな鐵」塩ひつまぶしのお召し上がり方

■作り方
① 塩きざみ鰻を、個包装(真空パック)のまま、熱湯で5~6分程度、煮沸して下さい。
② また同時に吸い地(だし)も、個包装(真空パック)のまま熱湯で温めておいて下さい。
③ 炊きあがったご飯をお櫃などに入れ、塩だれ(塩蒲焼きのたれ)を小さじ3杯分(一人前の場合)ふりかけて下さい。また白ごまも一袋(一人前の場合)ふりかけて下さい。
④ 熱々の塩きざみ鰻をご飯の上ののせて下さい。
■食べ方
① 一膳目は、軽くお椀によそって、山椒と海人の藻塩をお好みの量だけふりかけてお召し上がり下さい。
② 二膳目は、同じく塩鰻ご飯を軽くよそって、薬味(わさびと山椒・藻塩)をお好みの量だけ入れて(ふりかけて)お召し上がり下さい。
③ 三膳目は、熱々に温めた吸い地(だし)をかけて、うな茶漬けとしてお召し上がり下さい。
 

商品ページに戻る