名古屋名物についての雑学・豆知識

不思議な魅力に溢れた名古屋

ひつまぶし

名古屋は不思議な魅力に溢れた街です。
東京、大阪と並ぶ日本を代表する大都市、そして中日本の中心となる都市でもあります。
情報、経済、文化ともにグローバルな要素を備えている一方、地域独特の魅力や名物に恵まれているローカルな魅力も兼ね備えています。
東京や大阪の名物はメジャーになりすぎてローカルな魅力を失いつつある面がありますが、名古屋の場合は全国的な知名度を誇りながらも名古屋ならではのテイストを失っていない点に大きな特徴が見られます。
では名古屋名物といわれて何を連想するでしょうか。
おそらくもっともポピュラーなのは手羽先でしょう。
とくに近年ではコラーゲンが多く含まれている食材として美容方面で注目を集めています。
それからきしめんとういろう。
この2つはいかにも名古屋、といったローカルなイメージが魅力です。
どちらも独特の食感が大きな魅力です。
それから忘れてはならないのがひつまぶし
うなぎを細かく刻んでご飯にまぶしたこの名古屋名物は鰻のよさを味わいつつも、幅広い調理方法を備えている点に特徴があります。
蒲焼きにしろ白焼きにしろ、定番のうなぎの調理方法は形が決まっています。
しかし、ひつまぶしの場合、ネギやわさび海苔といった薬味を工夫することでさまざまなおいしさを味わうことができるのです。
この点も豊かな食文化を誇る名古屋ならではの名産といえるでしょう。
他には名古屋コーチン、天むす、味噌おでんなど、すでに全国的な知名度で注目を集めている名物も見られます。
いまでは名古屋以外にいながら、こうした名物を楽しめますから、まずは食から名古屋の魅力を味わってみてはいかがでしょうか。
 

名古屋の独特な食文化

名古屋には、独特の食文化が発達している側面があります。
その中でいろいろな名物料理が出てきています。
ひつまぶしも名古屋名物の料理です。
鰻料理の一種としてメディアで取り上げられることも少なくないので、最近では全国的にその名が知られるようになってきています。
最近では、日本全国にひつまぶしが食べられるようなお店が登場してきています。
しかしできることなら、名古屋のひつまぶしを食べてみることをお勧めします。
やはり本場名古屋のひつまぶしが、レシピに忠実で本来の味を堪能できます。
また名古屋はもともと、鰻の水揚げ量が多いところとも言われています。
このため、名古屋のひつまぶしは鮮度の高い鰻を使って調理されていることが多いわけです。
ですから、ほかの地域で食べるのと比較をすると、より鰻の持っているうまみを堪能できる可能性が高いわけです。
ひつまぶしの味付けは、お店によっても微妙に変わってきます。
名古屋に行くたびにいろいろなお店のひつまぶしを味わって、味の違いを比べてみるのもいいのではないでしょうか?
ところでひつまぶしを名古屋で食べた場合、どれくらいの料金がかかってくるのでしょうか?
通常名古屋のお店でひつまぶしを食べる場合には、コース料理の一環として提供されることが多いです。
コース料理として、相場は4000円程度といわれています。
しかし鰻の味にこだわるのであれば、最高級の1万円で提供されているようなコース料理を食べてみるのもいいでしょう。

商品ページに戻る